オンラインプリントステーション - 留意事項

留意事項

  1. 本製品の実行には、「ネットワークマネージャ」および「COBOL アプリケーション実行環境」(または、アプリケーション実行環境)が必要です。

  2. イメージ印字を行う際の仮想デバイス命令等、データ長に関わらず一連のデータとみなす必要があり、一度にホストが送信するデータ長が1000バイトを超過する場合は、チェイン指示指定をONにしてください。

  3. オンラインプリントステーションは、一切のページ管理を行いません。ホスト側で適切なページ管理を行ってください。
    特に、一つのデータブロックで複数ページ分のデータをホストから送信することは避けてください。用紙切れが発生した時に正しく印字されたページまで二重印字される場合があります。
    また、チェイン指示指定がONになっており、一度にホストが送信するデータ長が1000バイトを超過する場合、用紙切れ強制出力指定がOFFでも、プリンタ装置によってはチェインが終結するまで用紙の有無に関係なく印字される場合があります(用紙がなくなってもプラテンに空打ちされる場合があります)。

  4. オンラインプリントステーションを停止する場合は、必ず運用管理ツールを使用してください(コントロールパネルから停止しないでください)。

制限事項 - Windows Server 2016

  1. インストールおよびアンインストールは、ビルトイン管理者(Administrator)でログインして行ってください。
    その他のユーザで行う場合、「ユーザアカウント制御」画面が表示されるため、変更を許可してください。
  2. 運用管理ツールは、ビルトイン管理者(Administrator)でログインして起動するか、「管理者として実行」で起動して使用してください。
  3. 利用可能なプリンタ装置およびプリンタ接続形態に制限があります。
    詳細は、COBOL アプリケーション実行環境の動作環境(サポートプリンタ)や技術情報(注意事項)をご覧ください。

制限事項 - Windows Server 2012/2012 R2

  1. インストールおよびアンインストール、運用管理ツールの使用は、ビルトイン管理者(Administrator)でログインして行ってください。
  2. 利用可能なプリンタ装置およびプリンタ接続形態に制限があります。
    詳細は、COBOL アプリケーション実行環境の動作環境(サポートプリンタ)や技術情報(注意事項)をご覧ください。

制限事項 - Windows Server 2008 R2

  1. インストールおよびアンインストール、運用管理ツールの使用は、ビルトイン管理者(Administrator)でログインして行ってください。
  2. サーバ直結形態のプリンタ装置は使用できません(アプリケーション実行環境の注意・制限事項です)。

制限事項 - Windows Server 2008

  1. インストールおよびアンインストール、運用管理ツールの使用は、ビルトイン管理者(Administrator)でログインして行ってください。