AIを活用した目視検査ソリューション
「NEC Industrial IoT / AI Visual Inspection」~検査工程の省人化を実現~

サイト内の現在位置を表示しています。

お客さまの課題
目視検査における課題

全てを“人の目”に依存する工場の目視検査には、膨大な時間と労力がかかるだけでなく、検査員の能力差や疲労の度合いにより作業の品質にバラツキが出るなどの課題がありました。
しかし、目視検査を従来の画像解析手法によって自動化したいと思ってもパラメータ設定に時間と労力がかかる、また、個体差や汚れにより、期待した精度が得られないなどの問題がありました。

解決策のご提案
これらの課題は、ディープラーニングを使うことで解決できます

目視検査へのディープラーニングの適用

ディープラーニングとは、人間の脳神経を模した構造をもつAI技術のことです。
この技術を使うことにより、お手本データからキズや汚れなどの特微量を自動的に発見し学習できるため、
パラメータ設定にかかる時間と労力を最小限にできます。
また、パターン認識など従来の画像処理手法が適用できない、個体差のある製品にも対応することが可能です。

NECのディープラーニングの目視検査への適用

ディープラーニングは、AI技術としての認知度は高まっているものの、実際に開発するには多くの時間とコストがかかります。NECは、工場の目視検査にこのような課題を抱えるお客様が多いことに気づき、ディープラーニングを使ったソフトウェアなど、検証・分析モデルの作成のためのソリューションを準備してきました。

ソリューションの特長

  • 検査用途向けにカスタマイズされた、使い勝手の良いソフトウェアを提供できます。
  • 入力データに応じた最適なニューラルネットワークの生成など、ディープラーニング専門の技術者でなくても導入することが可能です。
    詳しくはこちら

  • NECの分析プロフェッショナルによる検証・分析モデルの作成が可能です。
  • カメラや照明など撮像機器のシームレスな連携を実現します。AIによる判定をより高精度にするための画像処理も実装可能です。
    詳しくはこちら

期待される効果

本ソリューションの導入により、目視検査にかかる時間や労力を抑えるだけでなく、製品品質の均質化や運用の簡素化・省力化などが期待できます。

1.検査工程の自働化

AIモデルによる検査においてNGと判定されたものを、人の手で検査、判定することで検査員の工数を削減します。

2.官能作業の機械化

検査における良否判定を機械が行うことで、製品品質を均質化できます。

3.ディープラーニングによる特微量の抽出

データから特徴量を自動的に抽出することで、専門家による設計/開発作業がなくなり、運用を省力化・簡素化できます。

システム構成例

撮像・AI・アプリケーション、それぞれの課題に対して適切なツールをご用意し、 お客様のAI活用をサポートいたします。 フェーズに応じたサービスメニューを提供し、 価値実現を検証するための「PoC(トライアル)」もご提案可能です。

検査業務へのAI技術適用に向けたロードマップ