サイト内の現在位置

株式会社三井住友銀行様 導入事例 -勤怠管理システム 勤革時

複数拠点にわたる海外勤務者の勤怠管理を客観的に

導入前の管理方法

現地での管理

導入の背景・課題

従来、海外勤務者の勤務管理については各国法制度に合わせて現地にて対応しており、海外勤務者の勤務状況の把握や、国内勤務者と併せての管理が難しい状況であった。そのため、海外勤務者について、どの拠点であっても勤務実態を客観的に把握ができるようなシステム導入を検討していた。

導入成果

全海外拠点に同一のシステムを導入できたことで、一括して海外勤務者の勤務実態を把握することが可能となり、国内・海外ともに、従業員の適切な労働管理に大いに役立っている。また、拠点に関わらず操作方法も同一であるため、従業員への周知もしやすく、大きな負担なく操作が可能であるため、今後より一層の活用を進めていきたい。

ご担当者様のご感想

ユーザー側も大きな負担なく、手軽に登録することができ、適切に日々の勤務管理ができている。また、管理者側は従業員の勤務実績を一覧でダウンロードすることができ、客観的に勤務実態を把握することができており、今後も活用していきたい。

企業プロフィール

株式会社三井住友銀行

 
設立 1996年6月6日  ロゴ  
資本金 17,709億円(2021年9月30日時点)
業種 金融機関
主な事業 銀行業
ご利用人数 500名
ご利用拠点数 約250拠点
URL new windowhttps://www.smbc.co.jp/

お問い合わせ・無料トライアル