ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

カワセ印刷株式会社様 導入事例 - 勤怠管理システム 勤革時

勤怠管理にかかっていた工数を削減、他の業務への有効活用と勤怠管理の見える化による意識改善へ

導入前の管理方法

紙のタイムカードによる打刻、紙の申請による勤怠申請、Excelへの入力・集計

導入の背景・課題

  • 2拠点あるため、タイムカードの作成や回収のために拠点間を移動する時間・労力がかかる。
  • 紙からExcelに入力・集計の作業とこれを読み合わせてチェックする作業に時間・労力がかかる。
  • 申請書類がどの役職者で留まっているか等が不明で、紛失クレームや問い合わせにその都度対応しなければならない。
  • 給与計算にあてられる期間が短いため非常にタイトなスケジュールで全てを完了させなくてはならず、他の業務が停止してしまっていた。

導入成果

  • 2拠点間で人や書類を移動させる必要がなくなり、社内の勤怠書類の保管スペースも少なくて済むようになった。
  • 導入前は給与計算のために最低でも3日間×2人の時間・労力が必要であったが、導入後は2日間×1.5人でできるようになり、半減した。
  • 社員はいつでも自分で出退勤の記録や申請・承認の状況が確認できるようになり、社員からの勤怠に関する問い合わせもほとんどなくなった。
  • 給与計算期間であっても余裕をもって他の業務にあたることができるようになった。

ご担当者様のご感想

給与計算を優先するために、半ば無理やり勤怠を締めなくてはならず、その結果、翌月以降の申請により再計算して差額を支給すると言ったことが毎月のようにあったが、現在は社員と各部署の管理者が主体となって勤怠を管理して締めるという流れになり、社内の意識改善にもなっていると感じる。
特に助かるのは、電話オペレーターのサポートで、文章にしがたい質問内容も理解してお答えいただけるので、心強い。

企業プロフィール

カワセ印刷株式会社

 
設立 1952年12月1日  ロゴ  
資本金 1,500万円
業種 製造業
主な事業 商業印刷全般(カタログ、チラシ、ポスター、
パンフレット、カレンダー、DM等)
及び販売促進物の企画・製造・販売)
ご利用人数 60名
ご利用拠点数 2拠点
URL http://www.kawase-p.co.jp/
荒川工場・印刷現場

ページの先頭へ戻る