iStorage ControlCommand   [iStorage ストレージ]

動作環境

対象ディスクアレイ

データレプリケーション機能を利用する場合

iStorage M100シリーズ、M300シリーズ、M500シリーズ、M700シリーズ

ディザスタリカバリ機能を利用する場合

iStorage M500シリーズ、M700シリーズ

スナップショット機能を利用する場合

iStorage M100シリーズ、M300シリーズ、M500シリーズ、M700シリーズ

データ改ざん防止機能を利用する場合

iStorage M100シリーズ、M300シリーズ、M500シリーズ、M700シリーズ

省電力機能を利用する場合

iStorage M100シリーズ、M300シリーズ、M500シリーズ、M700シリーズ

共通機能のホスト情報収集機能を利用する場合

FCポート搭載ディスクアレイ
iSCSIポート搭載ディスクアレイ(OSがWindowsとLinuxの場合のみ)
SASポート搭載ディスクアレイ(OSがWindowsとLinuxの場合のみ)

  • Microsoft® Windows Server® 2012
  • Microsoft® Windows Server® 2012 R2
  • Microsoft® Windows Server® 2016
  • Microsoft® Windows Server® 2019
  • Microsoft® Windows Server® 2022
  • Red Hat Enterprise Linux 6
  • Red Hat Enterprise Linux 7
  • Red Hat Enterprise Linux 8
  • HP-UX 11i v3
  • Solaris10
  • Solaris11

OS

  • *
    これらのOSの対応については制限事項があります。詳細はお問い合わせください。

仮想化環境

  • VMware ESXi 6.0(VMware vSphere 6.0)
  • VMware ESXi 6.5(VMware vSphere 6.5)
  • VMware ESXi 6.7(VMware vSphere 6.7)
  • VMware ESXi 7.0(VMware vSphere 7.0)
  • Windows Server 2012 Hyper-V
  • Windows Server 2012 R2 Hyper-V
  • Windows Server 2016 Hyper-V
  • Windows Server 2019 Hyper-V
  • Windows Server 2022 Hyper-V

必要ソフトウェア

各機能共通

  • iStorage M100シリーズ、M320/M320F/M520/M720/M720Fの場合
     WebSAM iStorageManager Suite
  • iStorage M300/M310/M310F/M500/M510/M700/M710/M710Fの場合
     iStorage基本制御

データレプリケーション機能を利用する場合

  • iStorage DynamicDataReplication、または、
    iStorage RemoteDataReplication

ディザスタリカバリ機能を利用する場合

  • iStorage RemoteDataReplication
  • iStorage RemoteDataReplication/DisasterRecovery

スナップショット機能を利用する場合

  • iStorage DynamicDataReplication

データ改ざん防止機能を利用する場合

  • iStorage M120/M320/M320F/M520/M720/M720Fの場合
     WebSAM iStorageManager Suite
  • iStorage M300/M310/M310F/M500/M510/M700/M710/M710Fの場合
     iStorage VolumeProtect