HS8-50S   [iStorage ストレージ]

18TBモデル~

製品名 iStorage HS8-50S
モデル 18TBモデル 36TBモデル 54TBモデル 72TBモデル
ノード構成

1HN構成

ノード数*1 ハイブリッド・ノード(HN) 1 1 1 1
ストレージ・ノード (SN) 0 0 0 0
記憶容量*3 物理容量(RAW) 18TB 36TB 54TB 72TB
論理容量(非圧縮時)*2 11.7TB 23.4TB 35.1TB 46.8TB
論理容量(20倍圧縮時)*2 234TB 468TB 702TB 936TB
最大性能*5 OST高速重複排除使用時 9,200MB/s(33.1TB/h)
標準プロトコル使用時 2,000MB/s(7.2TB/h)
ネットワークインタフェース 標準 1000BASE-T*6(Copper:RJ-45コネクタ)
オプション 10GBASE-SR(Optical:LCコネクタ) もしくは 
10GBASE-T(Copper:RJ-45コネクタ)
ネットワークインタフェースポート数(ハイブリッド・ノード当たり) 標準 1000BASE-T*6 x6
オプション(10GbE NICx1) 10GBASE-SR x2 + 1000BASE-T*6 x4 もしくは
10GBASE-T x2 + 1000BASE-T*6 x4
オプション(10GbE NICx2) 10GBASE-SR x4 + 1000BASE-T*6 x2 もしくは
10GBASE-T x4 + 1000BASE-T*6 x2
ディスクドライブ諸元(ノード当たり) ディスクインタフェース 3.5型 SATA(6Gbps)
容量*3/回転数/数 6TB/7,200rpm/12台
データ圧縮 インライン圧縮(重複排除、物理圧縮)
サポートプロトコル  NFS、CIFS、OpenStorage*10、ユニバーサル高速I/O*11
サポートバックアップソフトウェア*7

NetBackup, Backup Exec, Arcserve Backup, Arcserve UDP*12, NetWorker, Data Protector software, NetVault Backup,
IBM Spectrum Protect, CommVault, Oracle Recovery Manager, System Recovery, Acronis Backup

サポートアーカイブソフトウェア*7 Enterprise Vault, StorageForce, NEC Information Assessment System
周囲環境条件 温度 10~40℃(動作時)、-10~55℃(休止時)
湿度*8 20~80%RH(動作時)、20~80%RH(休止時)
電源条件 1200W 80 PLUS® Platinum取得電源  ノード当たり2個標準搭載
AC100V ±10%, 50/60Hz ±3Hz
AC200V ±10%, 50/60Hz ±3Hz
質量 44kg
筐体寸法(W xD xH)*9 448 x744 x178mm(4U)
最大消費電力 718W/724VA
  • *1
    iStorage HS8 スケールアウトモデルは、1HNから最大165ノード(11ラックx15ノード/ラック)まで増設可能。構成は性能/容量要件に合わせて変更可能です。詳細についてはお問い合わせください。
  • *2
    パリティ数が3の時の容量。論理容量は20倍圧縮時(圧縮率はデータの種類によって変動します)。
  • *3
    1GB=1,000,000,000Bとして計算した数値(未フォーマット)。
  • *5
    ハイブリッドノード 1台当たりの性能。性能については、ファイルサイズ、ファイル数などの諸条件により変化します。
  • *6
    100BASE-TX/10BASE-Tでも利用可能です。
  • *7
    サポートソフトウェアは対象を順次拡大していきます。詳細についてはお問い合わせください。
  • *8
    動作時、休止時共に結露しないこと。
  • *9
    フロントベゼル/スライドレール/突起物含まず。
  • *10
    NetBackupのみ。
  • *11
    High Speed Data Transfer機能により利用可能となる。iStorage HSに最適化した独自のプロトコル。
  • *12
    Arcserve UDPでは、バックアップデータの複製からのリストアをサポートしていません。そのため、HSのレプリケーション機能でコピーしたバックアップデータからのリストアは行えません。
    共有フォルダとしてCIFSでアクセスし、Arcserve UDP既定の拡張形式でバックアップデータを格納することのみ、サポートしています。

144TB(2HN構成)モデル~

製品名 iStorage HS8-50S
モデル 144TBモデル 36TBモデル 72TBモデル 144TBモデル
ノード構成 1HN+1SN構成

2HN構成

ノード数*1 ハイブリッド・ノード(HN) 1 2 2 2
ストレージ・ノード(SN) 1 0 0 0
記憶容量*3 物理容量(RAW) 144TB 36TB 72TB 144TB
論理容量(非圧縮時)*2 93.6TB 23.4TB
(15.6TB*4)
46.8TB
(31.2TB*4)
93.6TB
(62.4TB*4)
論理容量(20倍圧縮時)*2 1.87PB 468TB
(312TB*4)
936TB
(624TB*4)
1.87PB
(1.25TB*4)
最大性能*5 OST高速重複排除使用時 9,200MB/s(33.1TB/h)
標準プロトコル使用時 2,000MB/s(7.2TB/h)
ネットワークインタフェース 標準 1000BASE-T*6(Copper:RJ-45コネクタ)
オプション 10GBASE-SR(Optical:LCコネクタ) もしくは
10GBASE-T(Copper:RJ-45コネクタ)
ネットワークインタフェースポート数(ハイブリッド・ノード当たり) 標準 1000BASE-T*6 x6
オプション(10GbE NICx1) 10GBASE-SR x2 + 1000BASE-T*6 x4 もしくは
10GBASE-T x2 + 1000BASE-T*6 x4
オプション(10GbE NICx2) 10GBASE-SR x4 + 1000BASE-T*6 x2 もしくは
10GBASE-T x4 + 1000BASE-T*6 x2
ディスクドライブ諸元(ノード当たり) ディスクインタフェース 3.5型 SATA(6Gbps)
容量*3/回転数/数 6TB/7,200rpm/12台
データ圧縮 インライン圧縮(重複排除、物理圧縮)
サポートプロトコル NFS、CIFS、OpenStorage*10、ユニバーサル高速I/O*11
サポートバックアップソフトウェア*7

NetBackup, Backup Exec, Arcserve Backup, Arcserve UDP*12, NetWorker, Data Protector software, NetVault Backup,IBM Spectrum Protect, CommVault, Oracle Recovery Manager, System Recovery, Acronis Backup

サポートアーカイブソフトウェア*7 Enterprise Vault, StorageForce, NEC Information Assessment System
周囲環境条件 温度 10~40℃(動作時)、-10~55℃(休止時)
湿度*8 20~80%RH(動作時)、20~80%RH(休止時)
電源条件 1200W 80 PLUS® Platinum取得電源 ノード当たり2個標準搭載
AC100V ±10%, 50/60Hz ±3Hz
AC200V ±10%, 50/60Hz ±3Hz
質量 76kg
筐体寸法(W xD xH)*9 448 x744 x267mm(6U)
最大消費電力 1,393W/1,400VA

1,423W/1,430VA

  • *1
    iStorage HS8 スケールアウトモデルは、1HNから最大165ノード(11ラックx15ノード/ラック)まで増設可能。構成は性能/容量要件に合わせて変更可能です。詳細についてはお問い合わせください。
  • *2
    パリティ数が3の時の容量。論理容量は20倍圧縮時(圧縮率はデータの種類によって変動します)。
  • *3
    1GB=1,000,000,000Bとして計算した数値(未フォーマット)。
  • *4
    2HN構成のクラスタリング(パリティ数6)時の容量。(圧縮率はデータの種類によって変動します)
  • *5
    ハイブリッドノード 1台当たりの性能。性能については、ファイルサイズ、ファイル数などの諸条件により変化します。
  • *6
    100BASE-TX/10BASE-Tでも利用可能です。
  • *7
    サポートソフトウェアは対象を順次拡大していきます。詳細についてはお問い合わせください。
  • *8
    動作時、休止時共に結露しないこと。
  • *9
    フロントベゼル/スライドレール/突起物含まず。
  • *10
    NetBackupのみ。
  • *11
    High Speed Data Transfer機能により利用可能となる。iStorage HSに最適化した独自のプロトコル。
  • *12
    Arcserve UDPでは、バックアップデータの複製からのリストアをサポートしていません。そのため、HSのレプリケーション機能でコピーしたバックアップデータからのリストアは行えません。
    共有フォルダとしてCIFSでアクセスし、Arcserve UDP既定の拡張形式でバックアップデータを格納することのみ、サポートしています。

288TBモデル~

製品名 iStorage HS8-50S
モデル 288TBモデル 最大構成時
ノード構成 2HN+2SN構成 性能重視構成 容量重視構成
ノード数*1 ハイブリッド・ノード(HN) 2 165 2
ストレージ・ノード(SN) 2 0 163
記憶容量*3 物理容量(RAW) 288TB

11.8PB

論理容量(非圧縮時)*2 187TB

7.72PB

論理容量(20倍圧縮時)*2 3.7PB

154PB

最大性能*5 OST高速重複排除使用時 9,200MB/s(33.1TB/h)
標準プロトコル使用時 2,000MB/s(7.2TB/h)
ネットワークインタフェース 標準 1000BASE-T *6(Copper:RJ-45コネクタ)
オプション 10GBASE-SR(Optical:LCコネクタ)もしくは 
10GBASE-T(Copper:RJ-45コネクタ)
ネットワークインタフェースポート数(ハイブリッド・ノード当たり) 標準 1000BASE-T *6 x6
オプション(10GbE NICx1) 10GBASE-SR x2 + 1000BASE-T*6 x4 もしくは
10GBASE-T x2 + 1000BASE-T*6 x4
オプション(10GbE NICx2) 10GBASE-SR x4 + 1000BASE-T*6 x2 もしくは
10GBASE-T x4 + 1000BASE-T*6 x2
ディスクドライブ諸元(ノード当たり) ディスクインタフェース 3.5型 SATA(6Gbps)
容量*3/回転数/数 6TB/7,200rpm/12台
データ圧縮 インライン圧縮(重複排除、物理圧縮)
サポートプロトコル NFS、CIFS、OpenStorage*10、ユニバーサル高速I/O*11
サポートバックアップソフトウェア*7

NetBackup, Backup Exec, Arcserve Backup, Arcserve UDP*12, NetWorker, Data Protector software, NetVault Backup,IBM Spectrum Protect, CommVault, Oracle Recovery Manager, System Recovery, Acronis Backup

サポートアーカイブソフトウェア*7 Enterprise Vault, StorageForce, NEC Information Assessment System
周囲環境条件 温度 10~40℃(動作時)、-10~55℃(休止時)
湿度*8 20~80%RH(動作時)、20~80%RH(休止時)
電源条件 1200W 80 PLUS® Platinum取得電源 ノード当たり2個標準搭載
AC100V ±10%, 50/60Hz ±3Hz
AC200V ±10%, 50/60Hz ±3Hz
質量 150kg

5,487kg

筐体寸法(W xD xH)*9 448 x744 x534mm(12U)

448 x744 x16,510mm(371U)

最大消費電力 2,933W / 2,958VA 119,458W / 119,940VA 114,568W / 115,050VA
  • *1
    iStorage HS8 スケールアウトモデルは、1HNから最大165ノード(11ラックx15ノード/ラック)まで増設可能。構成は性能/容量要件に合わせて変更可能です。詳細についてはお問い合わせください。
  • *2
    パリティ数が3の時の容量。論理容量は20倍圧縮時(圧縮率はデータの種類によって変動します)。
  • *3
    1GB=1,000,000,000Bとして計算した数値(未フォーマット)。
  • *5
    ハイブリッドノード 1台当たりの性能。性能については、ファイルサイズ、ファイル数などの諸条件により変化します。
  • *6
    100BASE-TX/10BASE-Tでも利用可能です。
  • *7
    サポートソフトウェアは対象を順次拡大していきます。詳細についてはお問い合わせください。
  • *8
    動作時、休止時共に結露しないこと。
  • *9
    フロントベゼル/スライドレール/突起物含まず。
  • *10
    NetBackupのみ。
  • *11
    High Speed Data Transfer機能により利用可能となる。iStorage HSに最適化した独自のプロトコル。
  • *12
    Arcserve UDPでは、バックアップデータの複製からのリストアをサポートしていません。そのため、HSのレプリケーション機能でコピーしたバックアップデータからのリストアは行えません。
    共有フォルダとしてCIFSでアクセスし、Arcserve UDP既定の拡張形式でバックアップデータを格納することのみ、サポートしています。