サイト内の現在位置

財務分析ツール

文字サイズ

2018年度(2019年3月期)の業績概況

2018年度の売上収益は、2兆9,134億円と前年度に比べ690億円(2.4%)増加しました。これは、主にエンタープライズ事業やネットワークサービス事業が増収となったことなどによるものです。
収益面では、営業利益は、前年度に比べ54億円悪化し、585億円となりました。これは、売上収益が増加した一方、特別転進支援施策の実施に伴う構造改革費用を計上したことなどによるものです。
税引前利益は、営業利益が悪化したことに加え、前年度に投資有価証券売却益を計上したことなどにより、前年度に比べ89億円悪化し、780億円となりました。
親会社の所有者に帰属する当期利益(当期利益)は、税引前利益が悪化したことなどにより、前年度に比べ57億円悪化し、402億円となりました。

関連リンク