サイト内の現在位置を表示しています。

InfoCage SiteShell

Spring Cloud Gateway の脆弱性(CVE-2022-22947)に関するInfoCage SiteShellの対応について

Spring Cloud Gateway の脆弱性(CVE-2022-22947)に関するInfoCage SiteShellの対応について

Spring Cloud Gateway には、任意のコード実行の脆弱性が存在します。
Spring Cloud Gateway を使用するサーバーにおいて、遠隔の第三者が本脆弱性を悪用する細工したデータを送信することで、任意のコードを実行する可能性があります。

InfoCage SiteShellによる対応

本脆弱性に対する攻撃はInfoCage SiteShellを導入することで防御できます。
詳細についてはこちらを参照してください。
※リンク先コンテンツの参照には、「PP・サポートサービス」のご契約が必要です。