ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. コンサルティングサービス
  4. サービスフレーム
  5. RAPID/PLM(設計開発プロセス改革)
  6. BOM/BOPアセスメントサービス
ここから本文です。

BOM/BOPアセスメントサービス

NECの革新実績と他社成功事例から得られたベンチマークデータを活用し、貴社のBOM/BOPに関わるプロセス・システムの成熟度を診断します。

サービスの概要

  • 1ヶ月程度の短期間で、貴社BOM/BOP関連プロセスと他社とのギャップを見える化し、あるべき姿(ToBe)に向けて取り組むべき改革テーマ案をご提案します。
  • 自社の問題・課題や優先度がまだ明確でない場合、本サービス適用によって、経営層と業務部門や、各機能部門間での課題認識と改革方向性を合せ、以後の改革プロジェクト遂行における後戻りリスクを低減することができます。

サービスの概要

アセスメントの考え方

  • BOMプロセスの標準化度合いとBOM管理のIT化度合いの2軸で評価を行います。
  • システム視点だけでなく、業務視点で成熟度を判断します。

アセスメントの考え方

生産形態別のベストプラクティスをベースにした診断

  • 主要な生産形態ごとに、3パターンに類型化したあるべきBOMをベースに、貴社の現状をヒヤリング・アンケートにより分析し、アセスメントします。

診断イメージ

アセスメントの進め方とアウトプットイメージ

  • 貴社業務メンバ(BOM作成・利用部門)に、BOMに関するアンケートにお答えいただき、集計・分析することで、成熟度を他社と比較します。
  • 必要に応じ、現状業務の個別ヒアリングを実施します。
  • アンケート配付から診断結果ご説明までの標準期間は1ヶ月です。

勧め方とアウトプットイメージ

ページの先頭へ戻る