サイト内の現在位置

統合顧客IDプラットフォームを活用したビジネスのグランドデザイン

顧客データ整備の潮流と顧客ID統合

  • 昨今、顧客に対して最適な価値を提供していくビジネス変革が進んでいます。 顧客データを戦略の軸として、顧客の深い理解や趣味嗜好に応じたアプローチを推進していきます。
  • こうした顧客起点型ビジネスに向けて、顧客個人の多様なニーズを充足するサービス提供とともに、データを取得・拡充し、利活用高度化を進める取り組みが進みつつあります。


    <データビジネスの契機の例>

    • 顧客のニーズ:サービス利用における体験向上
    • 企業のニーズ:顧客の解像度向上、データ利活用向上
    • 社会的な要請:安全なデータ流通、自己主権型アイデンティティ実現の期待
  • 一方、企業内のデータは、過去において会員サービスをパッケージやシステムの繋ぎ合わせで提供されてきた経緯もあり、サービス提供部門毎に分散されているケースも多く存在します。データを管理するシステム機能の重複も生じています。
  • 今後はこれら散在するデータを戦略的にビジネス活用していく上で、データを統合的に管理出来ることが求められます。

顧客データの統合管理は、企業グループの全社的な取り組みになります。また顧客データの範囲は多岐に渡る為、全体を紐解きながらシンプルなデータ構造としていきます。この観点において、顧客データの単位の基本はIDであり、最もシンプルな形で管理していく上でも、IDをグループで統一する(同一顧客を一意に捉える)ことがファーストステップとなります。
IDの論理的な体系を統一し、社内に散在するIDを連携させると共に、システム面でも統合的な認証認可の仕組みを整備します。但し、ID統合の形態は企業により様々で、サービスの拡がりや今後の顧客戦略に沿った形で、最適な形態を採用する必要があります。

  • 形態は企業内で“一つのID”とすることがシンプルですが、顧客を一意に把握する方法はその他にも想定されます。
    会員サービスの特性やプロモーションニーズ、 既存システムの制約等の様々な観点を考慮し検討します。

顧客ID統合に合わせて、グループ全体のIDライフサイクルマネジメントの在り方も見直しが必要です。

  • 顧客の本人確認の在り方から、認証認可、顧客情報の追加取得や変更管理、将来的な忘れられる権利への対応など統合的なプロセス設計を行います。また、サービスやID体系をスムーズに移行する為の設計も必要になります。

  • 顧客データの取得や鮮度維持に関しても、自社だけでなく他社連携も踏まえた戦略的な施策を織り込みます。
    必要に応じて、顧客データを獲得する為の投資も考慮に入れる必要があります。
  • プロセスの設計においては、個人情報保護などのセキュリティ対策や、データ利活用促進の為の顧客データの開示方法を考慮しておきます。

顧客ID統合の構想企画支援サービス概要

顧客ID統合の実現とデータビジネスの拡大に向けた、企画支援サービスを提供しています。
豊富な実績と確立した方法論に基づき、貴社の現状を可視化し体系的な視野からデータビジネス高度化に向けた構想をリード致します。

  1. ①ID統合アセスメントサービス
    :顧客ID統合に向けて、現状の可視化より、変革仮説と検討論点の体系化を策定します。
  2.  
  3. ②ID統合グランドデザインサービス
    :ID統合を中心にデータ取得・管理・利活用の方針を策定し、システムの実装に向けた実行計画に落とし込みます。
  4.  
  5. ③テーマ別伴奏型サービス
    :ID統合以降のビジネス拡大を見据え、顧客体験デザインからデータ利活用高度化といったテーマ別の検討をご支援します。

ID統合グランドデザインサービスの進め方

お問い合わせ