ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

COBOL DBアクセス - 動作環境

旧バージョン動作環境

COBOL DBアクセス for Oracle Ver1.1

Oracleに接続するためのサーバサイドの製品です。
Ver1.1はWindows Server 2016、Oracle Database 12cR2に対応しませんのでご注意ください。

対応OS Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
対応DB Oracle Database 12c
Oracle Database 11g R2(11.2.0.4以上)※1
メモリ FAQのメモリ使用量の項を参照
ディスク 5MB以上
  • ※1Oracle Database 11g Release 2(11.2.0.4)をご利用される場合、Oracleの修正物件の適用が必要な場合があります。詳しくは、注意事項を参照してください。

COBOL DBアクセス Server Runtime Ver1.1

サーバOS用のクライアント製品です。

対応OS Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016
メモリ 0.3MB以上
ディスク 0.5MB以上

COBOL DBアクセス Client Runtime Ver1.1

クライアントOS用の製品です。

対応OS Windows 7 (x64版)
Windows 8 (x64版)
Windows 8.1 (x64版)
Windows 10 (x64版)※1
メモリ 0.3MB以上
ディスク 0.5MB以上
  • ※1バージョンはCOBOL Standard Edition Client Runtimeに準じます。

諸元

  Oracle SQL Server
レコード長 16Kバイト
  • TEXT列なし
    1952バイト
  • TEXT列あり
    4096バイト
項目数(列数) 252列 248列
利用できる項目属性 NUMBER,CHAR,VARCHAR2,
RAW,DATE
text,char,smallint,int,money,
binary,timestamp,decimal,
numeric,datetime,varchar
その他   一意インデックスがいずれかの項目に必要

ページの先頭へ戻る