CLUSTERPRO X SingleServerSafe - 製品体系/価格

ライセンス体系

ライセンスの注意事項

  • ライセンスにはインストール媒体が付属しています。
  • CPUライセンスが不足している場合、システム起動時に警告が表示されます。
  • 運用開始後にCPUを増設する場合、追加するCPU数分の本製品のライセンスをマネージャより追加登録してください。
  • 上位アプリケーションのライセンス定義は、各アプリケーション側の定義に従います。
  • CLUSTERPROでは、CPUライセンスにおいて、コア(デュアルコア)やハイパースレッドでは重複カウントしません。

CPUカウント方式

対象製品 説明
CLUSTERPRO X SingleServerSafe 4.0 本体ライセンス。
ライセンス数量はサーバーの実装CPU数の総和に等しいか、それ以上が必要。

  • コア(デュアルコア等)/ハイパースレッドについては2重カウントしない。
  • ftサーバおよび仮想マシン(VMware等)の場合、OSが認識するCPU数でカウントするが、コアやスレッドではカウントしない。

仮想マシン台数カウント方式

対象製品 説明
CLUSTERPRO X SingleServerSafe 4.0 for VM 本体ライセンス。仮想マシン台数分が必要。
本ライセンスは仮想マシンでのみ使用できます。

  • 製品名の末尾に VM のつく製品が、本ライセンス方式となります。
    (例: CLUSTERPRO X SingleServerSafe 4.0 for Windows VM)

サーバー台数カウント方式

対象製品 説明
CLUSTERPRO X Database Agent 4.0 オプション製品。物理・仮想サーバー台数分が必要。
CLUSTERPRO X Internet Server Agent 4.0
CLUSTERPRO X Application Server Agent 4.0
CLUSTERPRO X File Server Agent 4.0
CLUSTERPRO X Java Resource Agent 4.0
CLUSTERPRO X System Resource Agent 4.0
CLUSTERPRO X Alert Service 4.0