サイト内の現在位置を表示しています。

CLUSTERPRO X 4.1のご紹介~Amazon Linux 2 対応~

CLUSTERPRO オフィシャルブログ ~クラブロ~

はじめに

CLUSTERPRO Xの新バージョンであるCLUSTERPRO X 4.1を2019年4月10日より出荷開始しました。
今回は、CLUSTERPRO X 4.1から追加されたAmazon Linux 2 対応についてご紹介します。
そのほかの機能強化ポイントは popupこちら

この記事の内容

1. Amazon Linux 2とは

Amazon Linux 2 は Amazon Linux の次世代バージョンで、Amazon Web Service (以降、AWS) が提供する Linux サーバーオペレーティングシステムです。
 
以前よりご要望が多く寄せられておりましたが、CLUSTERPRO X 4.1より対応を開始しました。

【参考】

2. Amazon Linux 2 使用時のポイント

Amazon Linux 2 でCLUSTERPROを使用する際は、popup動作確認済みkernel一覧に記載のカーネルバージョンでご使用ください。
2019年4月25日時点の対応カーネルは"4.14.88-88.76.amzn2.x86_64"です。
AWSが公開しているAMIの中から、上記の動作確認済みカーネルに対応するAMIを選択する際には、"2.0.20190115"で検索することで確認が可能です。

  • 使用するAMIのカーネルバージョンが異なる場合は、カーネルをアップグレード、ダウングレードいただくことで動作させることが可能です。

3. HAクラスター構築手順

HAクラスターの構築は、その他のLinuxのHAクラスター構築の手順と同様です。
今回は、「VIP制御によるHAクラスター」を構築してみました。

  • VIP制御に使用するAWS CLIは、Amazon Linux 2 にプリインストールされているバージョンを使用しました。

HAクラスター

構築手順の詳細は、HAクラスタ構築ガイドを参照ください。

【参考】
popupCLUSTERPRO X ソフトウェア構築ガイド
  • Linux > クラウド > Amazon Web Services > CLUSTERPRO X 4.1 向け HAクラスタ 構築ガイド

コミュニティAMIで、AWSが提供するAMIの中から動作確認済みカーネル"4.14.88-88.76.amzn2.x86_64"に対応するAMIを選択します。

  • 1.AMIの選択で、コミュニティAMIを選択します。
  • 2.オペレーティングシステムの"Amazon Linux"にチェックを入れます。
  • 3."2.0.20190115"で検索して対象のAMIを選択します。

今回は、東京リージョンの”amzn2-ami-hvm-2.0.20190115-x86_64-gp2 - ami-0d7ed3ddb85b521a6”を選択します。

実際にHAクラスターを構築し、動作確認してみました。
その他のLinuxでHAクラスターを構築する時と同様の手順で、Amazon Linux 2でもHAクラスターが構築できました。

WebUI動作例

まとめ

今回は、CLUSTERPRO X 4.1の機能強化ポイントのAmazon Linux 2 対応について、使用時のポイントを交えてご紹介しました。
Amazon Linux 2 のHAクラスターを構築する際は、本記事を参考にしていただければ幸いです。

また、CLUSTERPRO X 4.1のpopup試用版を提供しておりますので、ぜひご活用ください。

お問い合わせ

当ブログに関するお問い合わせは、CLUSTERPRO プリセールスお問い合わせ窓口(info@clusterpro.jp.nec.com new window)までお問い合わせください。