ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. バックアップ/アーカイブ
  4. NetBackup アプライアンス
  5. 特長/機能
ここから本文です。

NetBackup アプライアンス - 特長/機能

企業のデータ管理を簡素化

NetBackup アプライアンスは、単一デバイスに管理、運用、サポートを合理化し、お客様のコストと重要な IT リソースを節約。
NetBackup ソフトウェアとの緊密な統合によって、企業全体でコストと複雑さを軽減します。

  • マルチクラウド、仮想環境、物理環境の企業向けバックアップとリカバリ を シンプル、効率的に実現
  • メディアサーバーを自社で構築する場合より時間を短縮し、費用を削減
  • 企業の規模の拡大に応じて容量とパフォーマンスを簡単に増加

導入費用を低減し、運用費用を低減し、入れ替え費用を低減します。お客様のスピード導入と長期運用を支援

スケールアウトするシステム、様々なプラットフォームに対応

  • システムのスモールスタートから、スケールアウト(HCI,Hadoop等)する 数百TB規模データのバックアップ
  • Exadataなど、大規模Oracleの高速バックアップと、他システムとの バックアップ統合
  • 大容量ファイルサーバの高速バックアップ
  • マルチクラウド/物理/仮想/HCI等、様々なプラットフォームが混在した 統合バックアップ
  • 遠隔オンプレ/クラウドを活用した、拠点データのバックアップや災害対策

バックアップシステムの迅速な導入を実現

設計/構築の検討時間を短縮し、迅速な導入を実現

従来型導入では、利用開始まで多くの段階が必要dした。NetBackupアプライアンスは、利用開始までの設計・構築を短縮。迅速な導入を実現します。

バックアップ性能と保存容量をスケールアウト

高速なバックアップ

NetBackup アプライアンスは、アクセラレータ機能を利用した重複排除バックアップが有効です。

バックアップ性能グラフ700GB(1MB×716,800ファイル、データ更新率1%)のデータをバックアップ。
初回の重複排除フルバックアップでは、
2時間16分26秒を要しましたが、
2回目以降の重複排除フルバックアップ(アクセラレータ有効)では、
1分55秒 で処理が完了し、
バックアップ時間が大幅に短縮されました。

バックアップ性能のスケールアウト

  • VMware, Hyper-V, NetApp, Isilon, ファイルサーバの高速バックアップ (アクセラレータ機能利用)
  • 最大196TB/hのバックアップ性能 ※1
  • Oracleの高速バックアップ(永久増分:Copilot機能)※2

増分データを、NetBackupアプライアンスへLAN転送します。DBサーバ(10TB)に付加のかかる時間は、初回にくらべ二回目以降は10倍高速にバックアップできます。

  • ※15340アプライアンスの場合。多重バックアップ実行時 (Veritas社調べ)
  • ※2

    アプライアンス専用機能(Copilot for Oracle)利用時

バックアップ保存容量のスケールアウト

  • 最大 1.9 PB のバックアップ保存容量を提供 ※3
    ※3 3540アプライアンス構成時。ただし、1つの保存用プールあたり最大916TB

5240では、最小構成4TB~最大構成294TBまで。5340では、最小構成240TB~最大構成1.9PBまで、拡張が可能

(必要製品構成と価格については、お問い合わせください。)

保護対象台数は無制限(容量ライセンス利用時)

マルチベンダー環境で、マシンの増減に対応

  • NetBackup の Platform Base ライセンスを組み合わせると、バックアップ対象マシンの台数に制限なし
  • システム拡張/変更に対応しやすく、NetBackup のほぼ全機能が利用可能

NetBackupアプライアンスに、容量ライセンスを組み合わせることで、多種のサーバのNBUクライアントを台数関係なく使用できます。

マルチプラットフォーム環境の保護

マルチプラットフォーム、マルチクラウドなど、様々な要件への対応が可能

  • 物理/仮想/クラウド/HCIが混在する環境のバックアップに対応
  • PostgreSQL、Nutanix Acropolisハイパーバイザ、Hadoopと連携したバックアップに対応
  • 異種プラットフォーム間の災害対策に対応
  • WAN経由バックアップ/複製(AIR)の 転送性能が向上(WAN最適化機能) バックアップのWAN転送が、1.8~3.2倍高速に!
    ※ 性能値はいずれも開発元検証結果です。性能値はお客様環境・データ形式などに依存します。事前の全ての構成で同様の結果を保証するものではありません
  • NetBackupサーバとの連携処理も可能

各製品のバックアップ品質を統一

品質/セキュリティが統一され、横展開

  • 各エリアや地方の拠点に同一構成で展開

新規システムのバックアップ、もしくはバックアップサーバ更改に。

拠点データの遠隔バックアップ

遠隔データをDC/一拠点へ集約

  • コンプライアンス観点/運用効率化で集約
  • 管理者不在の拠点データを遠隔バックアップ
  • 限られた帯域(WAN)でのバックアップを実現
  • バックアップ集約による、保存容量の拡大にも成功

コストを抑えた災害対策

  • バックアップの延長で災害対策を実現
  • N:1など、災害対策を集約してコスト低減 ( 1:N、N:N 字実現可能 )
  • 集約によるバックアップ集積について、ストレージシェルフ追加で対応可能

各拠点からバックアップの更新ブロックを災対サイトへ転送する。万一の際には災対サイトの予備機へデータ/仮想マシンを復旧し、業務を再開する。

Copilot for Oracle 機能 [ NetBackupアプライアンス独自機能 ]

Oracleデータベースのバックアップ時間を大幅に短縮
- Oracleアクセラレータバックアップ(Copilot for Oracle機能)

永久増分による高速バックアップ

  • 時間のかかるフルバックアップは不要
    RMANと連携し、永続的な増分ブロックのバックアップによって、バックアップ時間を大幅に短縮(Oracleアクセラレータ)
  • 制御ファイル・アーカイブログも定期的に自動バックアップ
  • Oracleデータベース管理者によるセルフリストアも可能

OracleサーバからNetBackupアプライアンスへ、RAMN増分転送&マージ

  • 10TB の Oracle の保護が 2時間 34分で完了※増分量0.6TB 1GbE使用時 図中①の時間
    ・大容量Oracleデータベースのバックアップ時間短縮(永久増分)の実現
    ・バックアップ処理でOracleサーバに負荷のかかる時間を短縮

検証例として、DBサーバに負荷のかかる時間は、初回のバックアップでは22時間22分かかりましたが、2回目以降は2時間34分と、10倍高速にバックアップできました。

※ 性能値開発元検証結果です。性能値はお客様環境・データ形式などに依存します。
事前のすべての構成で、同様の結果を保障するものではありません。

  • 1台のBackup アプライアンスでバックアップ運用できるOracleデータベース数に制限を設けていません。
    Oracle製品側の上限やバックアップ保存可能な最大容量の要因に依存します。

Copilot Universal Shares 機能 [ NetBackupアプライアンス独自機能 ]

エクスポートファイルを保護

  • バックアップソフトをインストールできない専用サーバのデータ保護に利用可能
  • 共有領域(CIFS/NFS)にエクスポートしたデータを自動で重複排除保存

アプリケーション専用サーバから、NetBackupアプライアンスへ、LANを通じてダンプファイルなどをエクスポートします。

ビルドインWAN最適化機能 [ NetBackupアプライアンス独自機能 ]

WAN経由の転送性能が向上

  • 遠隔地にある業務マシンデータのWAN経由バックアップ
  • バックアップデータのWAN経由の遠隔複製(AIR機能)

NetBackupアプライアンスは、WANを通じて年各バックアップやバックアップデータの遠隔転送が可能です

バックアップのWAN転送が、最適化機能があるときはないときと比べ、1.8~3.2倍高速になる検証結果があります。

アプライアンスのセキュリティ対策

アプライアンスの安全性向上

  • 最初からアプライアンスへ導入済み
  • アプライアンス/バックアップデータをウイルス感染から保護

Symantec Data Center Security によって、NetBackupアプライアンスの不正な動きを検知し、侵入を防止します。既存の管理サーバによってポリシー変更も可能です。

NetBackup と NetBackup アプライアンスの比較

主な項目 NetBackup 8.1 NetBackup Appliance 5240/5340
提供形態 NetBackup+他ソフトウェア(OS/アプリ等)+ハードウェア機器(サーバ/ストレージ等) 物理アプライアンス (NetBackup、他ソフト(OS/アプリ)、ハードウェアをプリセット
NetBackupの
ライセンス体系
  • 容量ライセンス
  • サーバライセンス(一部容量課金)
  • 容量ライセンス
  • サーバライセンス(一部容量課金)
バックアップ対象OS Windows/Linux/Solaris/HP-UX Windows/Linux/Solaris/HP-UX/AIX
アプリケーション
対応
  • SQL Server / Exchange / SharePoint
  • Oracle Database
  • IBM Lotus Domino
  • SAP HANA
  • PostgreSQL / MySQL
  • Hadoop
など
  • SQL Server / Exchange / SharePoint
  • Oracle Database
  • IBM DB2 / IBM Infomix / IBM Lotus Domino
  • SAP HANA / SAP with Oracle
  • PostgreSQL / MySQL
  • Hadoop
など
仮想環境への対応
  • VMware VADPバックアップ(SAN/NBD/NBDSSL/HotAdd)
  • Hyper-V VSS/WMIバックアップ
  • Nutanix AHV
  • VMware VADPバックアップ(SAN/NBD/NBDSSL/HotAdd)
  • Hyper-V VSS/WMIバックアップ
  • Nutanix AHV
重複排除機能
  • クライアント重複排除
  • メディアサーバ重複排除
  • クライアント重複排除
  • メディアサーバ重複排除
重複排除転送 AIR(マルチサイト双方向レプリケーション) AIR(マルチサイト双方向レプリケーション)
永久増分可能な
データの種類
  • ファイルバックアップ
  • VMware(VADP)
  • Hyper-V(WMI)
  • NDMP(NetApp/Isilon)
  • ファイルバックアップ
  • VMware(VADP)
  • Hyper-V(WMI)
  • Oracle RMAN(Copilot機能)
  • NDMP(NetApp/Isilon)
重複排除保存容量 重複排除あり:1つのMSDPあたり 64TB(Windows)、96TB(Linux) ※管理領域含む 重複排除あり:約 4TB ~ 1.9PB 以下(1つのMSDPは916TB以下)

製品サポートは、NECが一次窓口対応

NetBackup アプライアンスの保守一次窓口はNECに一本化

NetBackupアプライアンスの保守一次窓口は、NECで行います。
NetBackupのSW保守はNECが、HW保守はベリタステクノロジーズ合同会社が担当し、連携して対応します。

  • 四半世紀(25年)にわたり、製造元 Veritas と OEM 協業関係を継続
  • 長年にわたるNetBackup製品OEM保守サポートで得た豊富なナレッジ/ノウハウを保有

資料請求・お問い合わせ


ページの先頭へ戻る