サイト内の現在位置を表示しています。

動作環境

Enterprise Vault 14.0 動作要件

ハードウェア要件

サーバ

Express5800/100シリーズ

メモリ

最小:8GB 推奨:16GB

HDD

Enterprise Vault
インストール領域
1 GB
Vault Directoryデータベース
(SQLデータベース)
- データデバイス 10 MB
- Transactionログデバイス 25 MB
Vaultストアデータベース
(SQLデータベース)
- データデバイス 100 MB
- Transactionログデバイス 80 MB
フィンガープリントデータベース
(SQLデータベース)
- プライマリファイルグループ用 100 MB
- 32個の非プライマリファイルグループ毎 1 MB
- Transactionログデバイス 80 MB
合計 1.42 GB以上

対象ディスクアレイ

NTFSフォーマットされた一般のDAS, SAN, NAS。或いはVeritas社認証済みのWORMストレージ 他

ソフトウェア要件

OS

  • Microsoft Windows Server 2019 (*4,*5)
  • Microsoft Windows Server 2016 (*4,*5)
  • Microsoft Windows Server 2012 R2 (*2,*3,*5)
  • Microsoft Windows Server 2012 Sなし (*1,*2,*3,*5)
  • *1
    次のHotfixが必要です。new windowhttp://support.microsoft.com/kb/2878182
  • *2
    次のHotfixが必要です。new windowhttp://support.microsoft.com/kb/2803161
  • *3
    次のHotfixが必要です。new windowhttp://support.microsoft.com/kb/2973337
  • *4
    分類機能には、以下の2つの方法がありますが、(1)のみがサポート対象で(2)はサポート対象外となります。
    (1) Veritas Information Classifier を使用した分類
    (2) Microsoft ファイル分類インフラストラクチャを使用した分類
  • *5
    下記の機能が必要です。
    ・Microsoft Message Queuing (MSMQ) サービス
    ・Internet Information Service (IIS) 8.0以降
    ・.NET Framework 3.5 SP1
    ・.NET Framework 4.5.2
    ・PowerShell 3.0以降
    ・Internet Explorer 11以降
    ・MSXML
    ・Windows TIFF IFilter

メッセージングシステム

  • Microsoft Exchange Server 2019 SPなし/CU1~CU8 (*1)
  • Microsoft Exchange Server 2016 CU2~CU19 (*1)
  • Microsoft Exchange Server 2016 CU1 (*1)
  • Microsoft Exchange Server 2016 SPなし (*1)
  • Microsoft Exchange Server 2013 CU18~CU23 (*1)
  • Microsoft Exchange Server 2013 CU8~CU17 (*1)
  • Microsoft Exchange Server 2013 CU6/CU7 (*1, *2)
  • Microsoft Exchange Server 2013 SPなし/CU1/CU2/CU3/SP1/CU5 (*1)
  • *1
    Exchange Server 2013 SP1以降のバージョンではMAPI over HTTPがサポートされないため、MAPI over HTTPの無効化が必要となります。
    new windowhttps://www.veritas.com/docs/100040583
  • *2
    サイズの大きいメッセージの本文に対して、MAPI_E_NOT_FOUNDエラーメッセージが生成されるのを防ぐため、マイクロソフトのKB3011579で入手できる更新プログラムを適用する必要があります。
    new windowhttps://support.microsoft.com/kb/3011579

データベースサーバ

  • Microsoft SQL Server 2019 x64 Edition Enterprise, Standard SPなし
  • Microsoft SQL Server 2017 x64 Edition Enterprise, Standard SPなし/CU19 (*1)
  • Microsoft SQL Server 2016 x64 Edition Enterprise, Standard SP2/CU15 (*1)
  • Microsoft SQL Server 2014 x64 Edition Enterprise, Business Intelligence, Standard SP3 (*1, *2)
  • *1
    Unicodeの補助多言語文字 (U+10000からU+10FFFFまで) とSCフラグを含んだ照合順序はサポートされません。また、補助文字を含んだSQL照合もサポートされません。
  • *2
    AlwaysOn可用性グループ機能はサポートされません。

その他

  • Exchange Serverのメールボックスアーカイブを行う場合、そのバージョンに応じたOutlookクライアントをメッセージングサーバにインストールする必要があります。詳しくはお問い合わせください。