東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に
NECの顔認証システムを導入決定

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下 東京2020大会)において、アスリートをはじめ、約30万人にのぼる大会関係者の入場時における本人確認に、NECの顔認証システムの導入が決定しました。オリンピック、パラリンピック競技大会にて、大会関係者の入場時における本人確認に顔認証システムが導入されるのは史上初となります。

顔認証システムによる厳格かつスムーズな本人確認を実現

東京2020大会ならではの課題を最新テクノロジーで解決する

東京2020大会におけるセキュリティについて語る
記者会見中の岩下警備局長

大会関係者も観客も、競技会場に入るすべての人、車、物はセキュリティチェックに付されます。

過去大会においては、複数近接する競技会場を1つにまとめた「オリンピックパーク」を設けていたため、パーク内に入る際に、一度セキュリティチェックを実施すればよかったのに対し、東京2020大会の場合、「オリンピックパーク」が無く、競技会場が各地に分散しているため、各会場において毎回セキュリティチェックを行う必要があります。さらに、多くの会場が都心にあること、猛暑も予想されることなど、警備においては多くの課題を有しています。

また大会関係者については、会場内の重要エリアに立ち入るため、より高いセキュリティが求められます。

一方で、複数の会場に繰り返し出入りするなど、セキュリティオペレーションにも大きな負担を生じさせます。

今回そこに顔認証システムを採用することで、より高く、効率的なセキュリティを実現し、パークの無い東京2020大会においても確実かつスムーズな警備を実施することが出来ます。

大会関係者約30万人の顔を瞬時に見極める

導入する顔認証システムについて語る
記者会見中のNEC菅沼執行役員

従来は、目視により本人確認を行っていたため、確認に時間がかかり、確認待ちの行列発生やなりすまし入場のリスクがあり、厳格かつストレスのないセキュリティチェックが課題となっていました。顔認証システムにより事前に登録された顔画像と入場する関係者の顔を照合し、本人確認を実行します。高精度の本人確認でなりすましを防止し、確認時間を大幅に削減することができます。

これを支えるNECの顔認証技術は、4回連続で世界第1位*の評価を獲得しており、世界最高の精度と照合スピードを誇ります。経年変化や姿勢変動、多人種評価を高精度に把握・認識。わずか0.3秒で160万件におよぶ顔写真データベースと照合することができます。

IDカードの貸し借りや盗難によるなりすまし、偽装による不正入場を確実に防止し、競技会場や関連施設における安全・安心を実現します。

*米国政府機関主催のコンテスト結果

NECのパブリックセーフティソリューションで
大会の安全・安心をサポート

NECは、東京2020大会の成功に向け、他にもさまざまな最先端技術を駆使した社会価値創造へ積極的に取り組んでいます。

混雑や危険を見える化する群衆行動技術や、侵入者・不審物を発見する置き去り検知など、警備員や運営者の負担を低減し、人々をさりげなく見守り、未然に防ぐ新時代の安全・安心を提供します。

東京2020大会に向け安全・安心な都市を実現する
「NECのパブリックセーフティソリューション」

顔パス入場 認証は一瞬。ゲートで立ち止まらずスムーズに入場できます。

混雑検知 混雑状況を可視化。スピーディで的確な整理・誘導指示が可能です。

迷子探索 映像履歴から迷子の顔を検知。群衆の中からすばやく正確に発見します。

NECの生体認証 Bio-IDiom NECの生体認証Bio-IDiomは、顔や指紋、声などの違いを瞬時に把握。全世界76億の中から、たったひとりのあなたを認証します。

有識者が語る
さまざまな角度から見る東京2020大会

NECは東京2020ゴールドパートナー
(パブリックセーフティ先進製品&ネットワーク製品)です。