ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. StarOffice
  4. 動作環境
  5. 動作環境(V1.5)
ここから本文です。

StarOffice Xシリーズ - 動作環境(V1.5)

WEBサーバ

OS
  • Microsoft Windows Server 2003 Standard Edition (SP2 / R2 SP2) (32ビット版)
  • Microsoft Windows Server 2003 Enterprise Edition (SP2 / R2 SP2) (32ビット版)
  • Microsoft Windows Server 2008 Standard Edition (32ビット版)
  • Microsoft Windows Server 2008 Enterprise Edition (32ビット版)
必須
ソフトウェア
Java関連:
  • J2SDK 5.0 updater16 (*1)
  • JDBCドライバ (RDBMSに合わせたものが必要) (*1)

Webサーバ:
  • Internet Information Services 6.0 / 7.0 (*2)
  • ASP.NET 2.0 AJAX Extensions 1.0 (*1)

.NET関連:
  • .NET Framework 2.0 SP1 (*1)
  • .NET Framework 2.0 日本語 Language Pack SP1 (*1)

APサーバ:
  • WebOTX Web Edition Version 7.11 (*3)

RDB関連:
  • RDBクライアント (Oracle用、または、SQL server用) (*4)

リソースサーバ

OS
  • Microsoft Windows Server 2003 Standard Edition (SP2 / R2 SP2) (32ビット版)
  • Microsoft Windows Server 2003 Enterprise Edition (SP2 / R2 SP2) (32ビット版)
  • Microsoft Windows Server 2008 Standard Edition (32ビット版)
  • Microsoft Windows Server 2008 Enterprise Edition (32ビット版)
必須
ソフトウェア
Java関連:
  • J2SDK 5.0 updater16 (*1)

Webサーバ:
  • Internet Information Services 6.0 / 7.0 (*2)

.NET関連:
  • .NET Framework 2.0 SP1 (*1)
  • .NET Framework 2.0 日本語 Language Pack SP1 (*1)

APサーバ:
  • WebOTX Web Edition Version 7.11 (*3)

RDBMS:
以下のいずれかが必要となります。
  • SQL Server 2005 Express Edition (*3)
  • SQL Server 2005
  • Oracle10g R2

クライアント

OS
  • Microsoft Windows XP Professional Edition (SP3) (32ビット版)
  • Microsoft Windows Vista Business Edition (SP2) (32ビット版)
  • Microsoft Windows 2000 Professional (SP4)
必須
ソフトウェア
ブラウザ:
以下のいずれかが必要となります。
  • Microsoft Internet Explorer 6.0 SP2
    (OSがMicrosoft Windows 2000 Professional (SP4) の場合には、SP1)
  • Microsoft Internet Explorer 7.0

.NET関連:
ビジネスナビゲータを利用する場合、必要となります。
  • .NET Framework 2.0 SP1 (*1)
  • .NET Framework 2.0 日本語 Language Pack SP1 (*1)

マニュアル、ヘルプを参照するためにAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerのインストール媒体は、CD #1に含まれています。
メモリ
  • 512MB以上推奨
    ※上記数字はStarOffice Xのアプリケーション部分のみであり、OS等の利用量は含んでいません。
  • *1) 別途ダウンロードにて入手してください。
  • *2) Windows 2003 の場合、IIS6.0、Windows 2008の場合、IIS 7.0
  • *3) 製品媒体に同梱しています。
  • *4) Oracleの場合はOracleの媒体に同梱。
         SQL Serverの場合はStarOffice X シリーズの製品媒体に同梱しています。
  • 本ページに記載の製品名および会社名は、各社の商標または登録商標です。

シンクライアント

VPCC上に構築したクライアント環境(共有PC方式及びMyPC方式)での利用に対応しました。

■対象バージョン


StarOffice X V1.5.00

■システム構成例

◆ソフトウェア構成

StarOffice X StarOffice X V1.5
OS Windows 2003 Standard Edition SP2
Windows 2008 Standard Edition
DB SQL Sever 2005 Express Edition SP2

◆仮想PCの構成

OS HDD メモリ
Windows XP 10G 512M
Windows Vista 20G 1G

<システム構成イメージ>

■評価内容

VPCC上に構築したクライアント環境(共有PC方式及びMyPC方式)より外部のStarOffice Xサーバにアクセスし、基本機能の動作を確認

■特記事項


共有PC方式の場合、仮想PC毎にActiveXの事前インストールが必要(ユーザ毎のインストールは不要)となります。また、共有PC方式の場合、ビジネスナビゲータはユーザ毎にインストールが必要となります。


ページの先頭へ戻る