ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソフトウェア
  3. OSS/Linuxソリューション
  4. OSSライセンス・コンプライアンス コンサルティング・サービス
ここから本文です。

OSSライセンス・コンプライアンス コンサルティング・サービス

OSS License Checked!

オープンソースソフトウェアのライセンスを理解するために

OSS(オープンソースソフトウェア)ライセンスを「契約」として扱っている報告書を鵜呑みにしてはいけません。(下記、論文でも触れています)

第9回 著作権・著作隣接権論文 佳作入選

OSSライセンス違反は、著作権侵害

OSSライセンスを、契約により発生する「義務」と捉えると著作権侵害を犯してしまいます。

著作権侵害について

例えば、義務を後で果たすつもりでも、
条件を満たさずに出荷して提訴される事例が発生しています。
  ※@IT:訴訟が増えている!?OSSライセンス違反もご覧ください。

また、著作物と発明の違いを意識した解説でなければ、著作権侵害は防げませんが、「ものへの支配権」という意味では、所有権と似た扱いとみることもできます。

著作権も「ものへの支配権」の一つ

なお、著作権と特許権を知財権として一緒くたにする弁護士による意見を
GPLの作成者であるR.M.Stallman氏は「ねじ曲げてはいけない」と反論しています

著作権を初めて学ぶ方向けの教材をご紹介します。

まずは、無料セミナーから

初めの第一歩として無料セミナーをお勧めします。

有償セミナーの概要をご説明し、OSSライセンス・コンプライアンスの重要性・リスクの認識に、まずは話を聞きたい方向けに御社に出向いて無料セミナーを実施します。

コンサルティング・メニュー

本コンサルティングでは、スキル向上に御社でのセミナー実施や、OSS利用の際のガイドライン作成の支援、さらに、それらを品質・開発管理プロセスに取り込むプロセス改善の支援などをご提供しております。

ページの先頭へ戻る