ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. 組込みシステムソリューション
  4. プリント基板・LSI設計
  5. CyberWorkBench
ここから本文です。

ASIC・FPGA設計向けC言語ベース高位合成ツール CyberWorkBench

Design Automation Conference(DAC2017)レポート 掲載中[New]

【トピックス】DAC2017訪問報告(レポート)

6月に米国でEDA業界やLSI設計に関する世界最大の国際学会&展示会「DAC2017」が開催されNECもCWBを出展いたしました。
展示会では、センサーと安価で低消費電力の「FPGA」にリアルタイム処理やAIを組み込みOneチップ化したスマートデバイスが展示された他、あらゆるレイヤでAI活用が進み始めているのが感じられました。
この辺りの展示会の様子や技術動向などについて、CWBの技術開発総括である若林がレポートいたしましたので是非ご覧ください。
        ↓↓↓続きはこちらからご覧ください↓↓↓         
   ◆AIを加速するFPGA◆ 業界最新トレンドをご紹介! DAC2017レポート

C言語ベース高位合成ツール CyberWorkBenchとは

ASIC・FPGA設計向けC言語ベース高位合成ツールCyberWorkBenchは、C言語からの高位合成と、C言語レベルの機能・タイミングデバッグや、形式検証を行える統合設計ツール群です。

AI/IoTの進化でモノにマイコンが組込まれ、制御とインターネットで通信できるようになりましたが、さらに装置の軽量化、省電力化、価格削減も叫ばれ、高機能/高消費電力のマイコンから低消費電力のマイコン+FPGAに変わってきております。

ここで必要になるのがマイコンで動いていたソフトをFPGAに移植する作業です。

CyberWorkBenchは、このソフトをFPGAに移植するためのツールです。

CyberWorkBenchによるLSIの設計フロー

図1は、CyberWorkBenchによるLSIの設計フローです。中核となる合成フローでは、仕様から作成したC言語記述を「動作合成Cyber」に入力することでRTL記述が合成出力されます。

CyberWorkBenchによるLSIの設計フロー

ページの先頭へ戻る