ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. サイバーセキュリティソリューション
  4. プロフェッショナルな人材の育成
ここから本文です。

プロフェッショナルな人材の育成

セキュリティプロフェッショナルを育成する各種施策を行い、
情報セキュリティの人材を確保しています。

サイバーセキュリティ事業の拡大や製品・システム・サービスのセキュリティ対応力を高め、さまざまな領域においてお客さまに貢献するため、セキュリティ人材の育成に力を入れています。

プロフェッショナル人材育成

セキュリティ人材タイプの定義

NECグループとして必要なセキュリティ人材を定義し、人材タイプごとの育成をはかっています。お客さまに必要なセキュリティ人材定義とも連動し、さらなるブラッシュアップを継続しています。

セキュリティ人材タイプ

人材育成体系の整備と実行

サイバーディフェンス研究所などのNECグループおよび、パートナー企業と連携し、人材タイプの定義ごとに研修を最適化しています。整備した研修はお客さまも順次受講できるように整備しております。

研修コース

トップ人材を維持する認定制度と高い処遇

プロフェッショナル認定制度(NCP認定制度)を設け、高度なセキュリティ専門性を有する人材を認定し、市場価値とリンクした高い処遇を与えています。

NCP上席プロフェッショナル報酬体系

また、セキュリティ公的資格の取得を強く推奨しており、国際資格であるCISSP*1や情報処理技術者試験(情報セキュリティスペシャリスト)、今後新設される「情報処理安全確保支援士」の取得者を拡充しています。 情報セキュリティに関する高度なスキル、業務経験、資格を有している者が核となり、お客さまへの最適なソリューションの提供に貢献します。

  • *1CISSP Certified Information Systems Security Professional

プロフェッショナル認定制度(セキュリティ)

コミュニティによる次世代の育成

お客さまからの期待に応えながら、NECグループのサイバーセキュリティ事業を拡大するためには、次世代のプロフェッショナル人材を組織的・継続的に育成していくことが必要です。NECグループでは既に300人以上のプロフェッショナル人材によるコミュニティが形成されており、インテリジェンスの共有や技術の検討などの勉強会を定期開催するなど、次世代のプロ育成をフォローしています。

全社的CTFの実施

NECグループの全社員を対象に、社内CTF(Capture the Flag)である「NECセキュリティスキルチャレンジ」を開催しています。2015年度は約600名が競技に参加し、2週間かけて100問の問題に取り組みました。参加者にはセキュリティ業務の非従事者が半数程度おり、セキュリティ人材の裾野拡大につながっています。

【動画】今、企業の情報資産を守るために必要なこととは?
-NECからのご提案-

画面キャプチャ

外部攻撃(標的型攻撃、不正アクセス)、内部不正の両面から狙われる企業情報。どのように守っていくのか、どこから始めるべきなのか、日々ご相談をいただいています。
NECが考える、企業がケアすべき情報の流出経路とその脅威、そして今求められる対策について、CG動画(5分)でコンパクトにご紹介します。

【診断】設問に答えてその場でわかる!
あなたの会社にいま必要な内部情報漏えい対策とは?

画面キャプチャ

昨今の相次ぐ情報漏えい事件を背景に、システム管理者の不正防止といった内部対策の重要性が増しています。この診断を通して貴社の対策状況を把握いただき、今後必要となる対策のヒントとしてご活用ください。

ページの先頭へ戻る