ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. サイバーセキュリティソリューション
  4. NECだからできること
ここから本文です。

NECだからできること

ICTとお客さまの業務の両方に精通しているNECだから、高品質なセキュリティを確保できます

NECは、ICTの総合ベンダーとしてさまざまなハードウェアやソフトウェア製品を開発してきました。さらにその実績やノウハウを活かしたシステム構築やネットワーク構築、運用サポートで幅広い業種に向け多彩な業務ソリューションを提供しています。お客さまの業種・業態によって特有のセキュリティ上のリスクが存在します。お客さまの業務形態を理解し、長年ICT環境の構築をしてきた NECだからこそ、お客さまのICT環境に最適な形で、リスクの最小化を支援します。

開発・運用の各フェーズにおいては社会インフラを含むシステム・製品・サービスを対象とし、サイバー攻撃による情報漏えいや改ざんの防止を主な目的とした開発・運用実施基準を制定。セキュリティ国際標準、政府機関が定めるセキュリティ基準、業界ガイドラインなどの要件を考慮し、日々発生する新たなサイバー攻撃への対策を随時反映しながら、セキュリティ品質を確保しています。

セキュリティ品質確保のための取り組み

インシデント発生を前提とした緊急対応まで、効果的で継続的なセキュリティ対策をサポート

サイバーセキュリティ対策は、導入すれば終わりという訳ではありません。高度化・巧妙化が進むサイバー攻撃に合わせて、セキュリティ対策も計画的に強化し続けることが重要です。

NECでは、さまざまなセキュリティ対策の効果的な連携による組織全体のセキュリティ強化とともに、ポリシー策定から対策、効果の点検、改善というPDCAサイクルにもとづき、脆弱性を解消するための継続的な対策を支援します。

PDCAサイクルによるセキュリティリスク管理に加え、サイバー攻撃への備えとして特に重要になってくるのが、不正侵入やマルウェア感染などのインシデント発生を前提とした対策です。

異常事態のすばやい検知、緊急時におけるタイムリーな意思決定や対応によって、被害の最小化が図れます。NECでは、監視・検知、情勢判断、意思決定、対策実施という流れによる「OODA(ウゥーダ)ループ」という概念を取り入れ、適切でスピーディなインシデント対応を支援します。

インシデント発生時の対応例

NECグループの強化で安心・安全なサービスを提供

サイバー攻撃による脅威が高まる中、NECではさらなるセキュリティ技術の進化や高度なサービスの提供を実現するため、「サイバーディフェンス研究所」と「インフォセック」をグループに迎え入れ、サイバーセキュリティソリューションのサービス体制強化を図っています。

NECグループ

CyberDefense

株式会社サイバーディフェンス研究所
世界トップクラスの技術力を持つエンジニアによるペネトレーションテスト(人の手による脆弱性診断)、フォレンジック(不正行為の証拠分析)などの分野を中心として、高品質なセキュリティ技術サービスを提供します。

Infosec

株式会社インフォセック
官公庁や企業の情報セキュリティ管理やコンサルティング、システム設計、24時間365日のセキュリティ監視サービスにいたるまで、サイバーセキュリティに関わるサービスを広く提供します。

【動画】今、企業の情報資産を守るために必要なこととは?
-NECからのご提案-

画面キャプチャ

外部攻撃(標的型攻撃、不正アクセス)、内部不正の両面から狙われる企業情報。どのように守っていくのか、どこから始めるべきなのか、日々ご相談をいただいています。
NECが考える、企業がケアすべき情報の流出経路とその脅威、そして今求められる対策について、CG動画(5分)でコンパクトにご紹介します。

【診断】設問に答えてその場でわかる!
あなたの会社にいま必要な内部情報漏えい対策とは?

画面キャプチャ

昨今の相次ぐ情報漏えい事件を背景に、システム管理者の不正防止といった内部対策の重要性が増しています。この診断を通して貴社の対策状況を把握いただき、今後必要となる対策のヒントとしてご活用ください。

ページの先頭へ戻る