ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. コンサルティングサービス
  4. コンサルティングの視野・視点
  5. バリュー創造チェーン
  6. ソフトウェアプロセス改革
  7. Automotive SPICE
ここから本文です。

Automotive SPICE適用コンサルティングサービス

サービスのご紹介

Automotive SPICEに基づくプロセス監査実施が拡大

  • 車両のエレクトロニクス化の進展と共に、ソフトウェアを中心とした開発プロセスが複雑化する中、自動車の開発に特化した標準プロセスモデルとして“Automotive SPICE※”は開発されました。
  • 欧州自動車メーカーを中心として、同モデルを利用した取引先へのプロセス監査が加速しています。
  • SPICE:Software Process Improvement and Capability dEtermination

サプライヤを中心とした組織横断プロセス

NECの考えるAutomotive SPICEの活用方法

“Automotive SPICE”はメーカーからサプライヤーへのプロセス監査の“物差し”として使われる一方、その内容は示唆に富み具体的、且つ車載開発の業界構造を踏まえて作られており、車載組み込み開発プロセス改善の“教科書”として十分な利用性を有しています。

お客様改善サイクル

Automotive SPICE適用コンサルティングサービスメニュー

  • NECでは、“Automotive SPICE”の導入から定着までを、トータルで支援するサービスを提供しています。
  • 監査対応時の説明力を強化するトレーニングメニューもあります。

Automotive SPICE適用コンサルティングサービスメニュー

特長

  • “Automotive SPICE”の導入だけに留まらない、お客様の事業戦略、財務、組織、プロセス、制度、人なども視野に入れた、改善施策/計画を提案
  • プロセス定着化に向けて、組織に潜在する“優秀行動事例”に着目した、NEC独自のアプローチを採用
  • 製造業としての自己革新実績や、Automotive SPICE、CMMI®を始めとする革新コンサル実績に裏付けられた豊富な知見、ノウハウを元に商品化

研修サービス

  • Automotive SPICEモデルの概要に関する講義と、簡易診断テンプレートを使った自己診断演習を組み合わせたメニュー構成です。
  • 座学形式の講義でAutomotive SPICEの基礎知識を得ると共に、自己診断演習を通して自社のプロセスに置き換えることで、Automotive SPICEに関する理解を深める効果があります。

研修の特長

カリキュラム 内容
1日目 概要教育
  • 組込ソフトウェア開発の現状課題
  • Automotive SPICEモデル解説
  • 監査・改善プロセス解説
  • モデルを用いた改善の意義
自己診断演習のオリエンテーション
  • 弊社が提供する簡易診断テンプレートを用いて、貴社の状況を自己診断して頂きます
(自己診断演習は、受講者が持ち帰って実践して頂きます)
2日目 自己診断演習結果の確認、質疑応答

※本コースはカスタムメイド研修(1社向け研修)として実施いたします。
事前にお客様のニーズをお伺いし、ニーズに合わせてカリキュラム内容を最適化致します。
上記は標準的な例です。

診断サービス

Automotive SPICEモデルとのGAPだけでなく、事業方針達成視点から見た分析結果も踏まえて課題を抽出し、解決に向けた施策、計画の立案を支援します。

診断サービスイメージ

改善サービス

  • Automotive SPICEモデルとの比較だけでなく、 顧客の事業戦略に基づいて財務、顧客、組織など幅広い視点から、改善施策を提案致します。
  • 事業戦略に基づいた改善戦略は、成果を明確化・可視化すると共に、活動の意味づけを明確化し、メンバーの意識付け醸成にも効果があります。
  • プロセスの制度化・定着化に向けて、お客様の組織内に潜在する“優秀行動事例”に着目したアプローチを採用しています。

図版

監査対応力強化サービス

監査受審時の課題:監査対応「説得力」が鍵を握る

  • 監査は特定のプロジェクトを対象としたものであり、プロジェクトを推進している当事者自身による対応が必須です。
  • 短期間集中&インタビュー形式中心で行われるAutomotiveSPICE監査において、受審者には自社の開発の現状を的確に説明する能力が求められます。

図版

座学と実践を合わせた、能力強化型ソリューション

  • AutomotiveSPICEモデルに関する座学形式の講義と、実際の監査を模した実践形式のトレーニングを組み合わせて提供 致します。お客様のAutomotiveSPICEに関する理解度を高めると共に、監査対応能力を向上させます。
サービス項目 サービス内容
入門教育 AutomotiveSPICEの構造、要求する内容、概要を理解することを狙った、座学形式の講義を提供します。
トレーニング 監査での説明のポイント、効果的な説明の仕方、注意点など、監査対応上の能力、ノウハウを習得することを狙い、実際の監査を模した実践形式のトレーニングを提供します。
改善計画 監査結果を元に、AutomotiveSPICEと現状とのギャップを解消するための改善計画立案を支援します。

ページの先頭へ戻る