ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. コンサルティングサービス
  4. サービスフレーム
  5. RAPID/PLM(設計開発プロセス改革)
  6. グローバルPLMグランドデザインサービス
ここから本文です。

グローバルPLMグランドデザインサービス

~グローバル環境におけるPLMの最適化と実行可能な展開計画立案サービス~

グローバルPLMグランドデザインサービスが必要とされる背景

  • グローバルで事業を遂行する製造業では、市場ニーズを直接取り込んだ現地での設計・生産スタイルが急速に進行しており、現地の生産環境に適した設計、迅速な設計変更と生産をおこなう事で、製品品質向上や開発リードタイム短縮の効果をねらっています。
  • 企画や設計のグローバル化により、グローバル設計開発をシームレスに行える協業環境が求められています。

グローバルPLMグランドデザインサービスが必要とされる背景

グローバルでのPLM環境で発生している問題

  • 急速に進む海外現地設計などの環境変化に対応するため、事業統廃合を実施するが、個々の業務プロセスやルールが異なっていることにより、ITの整備遅れや事業部・グローバル間の各システムを個別に接続する対応に迫られるなど、ITコストが増大します。
  • 異なる帳票やデータ形式、コード体系など統合前の状態を維持したまま運用をすることで、情報共有や検索性が悪化し、更に組織再編成に対する柔軟性が低下します。

グローバルでのPLM環境で発生している問題

グローバルPLMグランドデザインサービスのコンセプト

  • グローバルでの共通ルールやプロセスを整備し、業務アプリケーションを集約化することで、海外設計を含めたITインフラのあるべき姿を立案し、IT開発コストの削減を支援します。
  • 設計・調達・生産・保守の連携をする情報を「グローバル統一部品表データベース」に統一することで、事業環境変化の柔軟性とIT運用コスト削減を両立します。

グローバルPLMグランドデザインサービスのコンセプト

グローバルPLMグランドデザインサービスの進め方

  • グローバルで統一・集約する箇所を特定した後に、差異分析をおこなうことで、効果的な集約化ができます。
  • あるべき姿への実現課題について、施策の投資対効果の調査をおこなうことで、システム化の優先順位を検討し、ロードマップの実行性を高めます。

グローバルPLMグランドデザインサービスの進め方

ページの先頭へ戻る