ページの先頭です。
ここから本文です。

【製造業・保守サービス業・物流業・卸売業】

在庫コスト削減、欠品リスク低減、発注工数削減

「どのくらい在庫を持てば良いのか?」製造から保守・物流まで、複雑なサプライチェーン全体を効率化し、コストを低減します。

製品稼働台数・過去の出荷実績・季節変動などさまざまなデータから、複雑に絡み合う需要変動要因をとらえ、部品需要を高精度に予測します。さらに、予測と在庫数量等に基づき、発注数を自動的に算出します。

これにより、回転在庫・安全在庫を適量に抑え、在庫コストを削減しつつ、欠品リスクを低減します。また、発注計画策定の属人化・長時間化を解消し、リソースシフトによる新事業の創出も図れます。

修理部品在庫コストが膨大になる機械製造業をはじめ、大規模物流ネットワークを持つロジスティクス業、地域ごとに集中倉庫を持つ卸売業のお客さまにも効果的です。