ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. 宙への挑戦
  3. 準天頂衛星システム
  4. 日本版GPSの実現を支える~NECプロフェッショナルインタビュー~
  5. 第1回 グループの総力を結集し準天頂衛星システムを支える
ここから本文です。

グループの総力を結集し準天頂衛星システムを支える

写真:NEC 宇宙システム事業部 マネージャー 佐藤 欣亜

2010年に打ち上げられ、実証実験が進む準天頂衛星初号機「みちびき」。NECは、JAXAの指導のもとで、衛星測位システムを開発・製造するとともに、地上側の衛星管制システムの開発・運用も担当、「日本版GPS」とも言われる準天頂衛星システムを地上からも支え、測位信号の精度を高める仕組みづくりに貢献している。この地上にあって「みちびき」を支えるシステムとは、どのようなものなのだろうか。地上システム運用上のNEC側の責任者である宇宙システム事業部の佐藤マネージャーに話を聞いた。


佐藤 欣亜
NEC 宇宙システム事業部 マネージャー

地上から衛星を支える三つの局

──「みちびき」を地上からコントロールする仕組みは?

  • 佐藤:地上側のシステムは、マスターコントロール局、追跡管制局、モニタ局と、大きく三つに分かれています。JAXA筑波宇宙センターの中にあるマスターコントロール局は準天頂衛星システムのセンターであり、役割は主に3つあります。一つ目は準天頂衛星の状態を監視しコントロールすること、二つ目は衛星に必要な軌道や測位誤差の情報等を生成すること、三つ目は衛星からの測位信号を検証し、その品質を高めることです。

図版:準天頂衛星を支える三つの局準天頂衛星を支える三つの局

  • 佐藤:追跡管制局は、このマスターコントロール局と衛星との間にあり、衛星の追跡や管制のための情報を橋渡しすると考えれば分かりやすいと思います。衛星への指令(コマンド)はマスターコントロール局の端末で操作され、まず追跡管制局に送られ、そこから衛星に送信されます。一方、衛星が発した状態を知らせる信号(テレメトリー)は、まず追跡管制局が受けマスターコントロール局へ送られます。

    モニタ局は受信専用の施設であり国内外9カ所に設置しています。衛星からの測位信号を別々の地域に設置された複数のモニタ局で受信することによって、衛星軌道や時刻を決めるための情報を収集することができ、また、信号の品質を均質化するための検証が可能になります。

──NECの役割は?


  • 佐藤: 準天頂衛星システムは、衛星の「みちびき」だけではなく、それを管制する地上側を含めた全体で一つの大きなシステムをなしています。その地上側のシステム開発と運用を担当しているのがNECであり、私はその開発および運用の責任者という立場にあります。

    この仕事はNECの宇宙部門だけでなく、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワークなど、NECグループ内の様々なプロフェッショナルが参加して進められています。たとえば、運用中のシステムのどこかにトラブルが発生した場合は、まず宇宙部門の私に連絡が入りますが、その内容に応じて私からグループ内の最適な部署の最適なエンジニアに指示を出し、連携して直ちに問題の解決にあたります。

    NECグループにある様々な分野の技術やノウハウをシステムの開発に役立てて、運用中のどんな問題にも総力をあげて対応する、そのような活動を通じて準天頂衛星システムを支えています。
ページ共通メニューここまで。

ページの先頭へ戻る