AIで、世界はもっとよく見える。社会はもっとよくできる。 AIで、世界はもっとよく見える。社会はもっとよくできる。

人のために進化するAI NEC the WISE

「NEC the WISE(エヌイーシー ザ ワイズ)」は
複雑化・高度化した社会課題を解決していく、NECの最先端AI技術群です。
「the WISE(賢者たち)」というその名には、高い知性を似て人と協調し、
複雑化・高度化した社会課題を解決していく、という強い意思が込められています。

街中やビジネスの現場、サイバー空間まで。
人の目には見えない世界をもとらえ、分析し、価値ある情報を生み出していく。
そして、よりよい可能性を、未来を導き出していく。

NECが誇る、世界トップクラスのAI技術群が人の知的創造活動を最大化し
社会のあらゆる場面で、新しい価値をつくり出しています。

NEC the WISE 詳細はコチラ

人の目で見分けられないネジを識別管理でき、
保守点検作業を効率化する。

ネジやボルトなど、識別用タグやシリアルナンバーを付けることが困難な小部品。物体指紋認証技術がこれらの部品を識別します。
取り付け前に部品を撮影しデータベースで管理することで、人の目では見分けられない部品表面の微細な紋様から個々の部品を識別します。部品を取り付けた後でも、部品の形状・長さなどの確認が、外すことなく可能となり、保守・点検作業の効率化や付け間違えによる事故の防止に貢献することができます。

物体指紋認証技術 詳細はコチラ
warehouse

正規品との識別が難しい模造品を見分け、
製品の品質も保証できる。

製品の表面にある微細な紋様から物体指紋認証技術で識別。正規品を撮影し、画像をデータベースに登録しておくことで、タグをつけなくても、正規ルートで入手した製品と模造品を見分けることができます。
また、模造品との見分けができるばかりでなく、製造工場やラインの情報、製造日、購入店舗 、日時などの製造流通のトレーサビリティを確保することで、品質を保証することもできます。

物体指紋認証技術 詳細はコチラ
Busy Street

大勢の人混みから、
迷子を捜すことができる。

世界No.1の認証精度・速度を誇る顔認証技術により、監視カメラの映像を高速に解析し、人混みの中から迷子を捜しだすことができます。他にも不審者を検知し事件事故を未然に防いだり、重要施設や公共施設やアミューズメント施設の入来管理などでもこの技術が活用されています。

顔認証技術 詳細はコチラ
Office

立ち止まることなく本人認証し、
スムーズで安全な入館管理ができる。

世界No.1の認証精度・速度を有するNECの顔認証技術を活用し、オフィスのエントランスで立ち止まることなく歩きながらスムーズに本人確認を行い入館することができます。また、他にも空港や公共施設やイベントの入退場などにも、この技術が活用されています。

ウォークスルー顔認証システム 事例はコチラ
Road

不鮮明な映像をクリアにして、
安全・安心に役立てる。

霧や、もやなどで視界が悪い状況で撮影した映像や、夜間の暗い映像を、映像鮮明化技術がリアルタイムでクリアにします。
視認性の向上により、映像監視の精度が高まり、顔認証技術など他の「見える化」技術と組み合わせることで、視界が良くない状況での人の特定など、さらに活用範囲が広がります。

映像鮮明化技術 詳細はコチラ
Store

買い物で困っている人のサポートや
スムーズな決済を実現する。

離れた場所から視線の動きが分かる遠隔視線推定技術により、視線の動きから買いたい探しものが見つからず困っている顧客を特定し、迅速にサポートすることができます。また顔認証技術を活用し、決済時に顔画像を照合して本人確認を行い、安全安心で便利な手ぶらでの決済も実現します。

遠隔視線推定技術 詳細はコチラ 顔認証技術 詳細はコチラ
Signage

人の視線をキャッチし、
マーケティングに活かす。

街中や店舗などの既設のカメラなど人と距離がある場所からでも、遠隔視線推定技術により、映像から複数の人の視線を同時にリアルタイムに検知することができます。例えば、街中のデジタルサイネージに注目している人の視線の動きから広告効果測定に利用したり、買い物で店内で何に関心があるか分かることで棚割りに活用することができます。

遠隔視線推定技術 詳細はコチラ
Bridge

人手をかけずに、
橋の劣化状態を早期に察知できる。

道路・橋などのインフラ構造物を撮影し、画像の表面振動を計測・分析する光学振動解析技術で、亀裂・剥離・空洞などの内部劣化状態を推定することができます。
これにより、インフラ構造物の維持管理において、人手による目視・打音の点検や点検時での交通規制を減らし、劣化したインフラの早期発見と、補修作業の優先付けを効率的に行うことが可能です。

光学振動解析技術 詳細はコチラ
Stadium

群衆映像を解析して、
混雑状況や異変を検知できる。

防犯カメラの群衆映像から、群衆行動解析技術により人数を推定し「混雑状況」を把握することができます。 また、群衆の動きをリアルタイムに把握することで、
群衆の「異変」を素早く感知します。
例えば「混雑の中に倒れた人がいる」など、人の目では見つけることが困難な状況を、防犯カメラ映像の人の動きの変化から検知し、迅速な対応につなげます。

群衆行動解析技術 詳細はコチラ
  • facebook
  • twitter
  • google
  • LinkedIN