サイト内の現在位置

PIFVIEWER - バージョン別機能強化ポイント

PIFVIEWER Version8.0 Release7.0 (2010年10月1日)

  1. Windows7に対応
    Windows7(32bit版)での動作に対応しました。
  2. InternetExplorer8.0に対応
    Internet Explorer8.0対応しました。

PIFVIEWER Version8.0 Release6.0 (2010年6月30日)

  1. センター印刷機能の強化
    ・ページを指定して印刷の要求ができるようになりました。
    ・印刷部数を設定して印刷の要求ができるようになりました。
    ・ネットワークプリンタへの設定及び要求が可能になりました。
    ・印刷時のフォントをゴシック、明朝から選べるようになりました。
  2. AS400変換オプション
    AS400側のスプール抽出処理(SPLGET03)のiServer(OS6.1)対応を行ないました。

PIFVIEWER Version8.0 Release5.0 (2009年10月1日)

  1. WindowsServer2008(32bit版)に対応
    ・WindowsServer2008(32bit版)にてPIFVIEWERサーバ、PIFVIEWER Webサーバが動作可能になりました。
  2. バックアップ/リストア機能が追加
    サーバコンソール上で動作するバックアップ/リストアコマンドが追加されました。

PIFVIEWER Version8.0 Release4.0 (2009年3月27日)

  1. Webクライアントに編集機能が追加
    ・Webクライアントにて、付箋紙・ラインマークが使用できるようになりました。

PIFVIEWER Version8.0 Release3.2 (2009年6月9日)

  1. EXPLANNER/Aiと連携可能
    ・オープンシステム連携を使用し、EXPLANNER/Aiとの連携が可能となりました。

PIFVIEWER Version8.0 Release3.1 (2008年4月1日)

  1. アクセスログ出力機能を強化
    ・Webクライアントにおいて、ログイン・ログアウト以外のアクセス情報が出力できるようになりました。

PIFVIEWER Version8.0 Release3.0 (2008年1月31日)

  1. 帳票保存機能を強化
    ・キャビネット定義にて帳票の自動クリーニング期間を最大12年まで設定できるようになりました。
  2. アクセスログ出力機能を強化
    ・クライアント端末単位にアクセスログに出力したい情報を最大3つまで指定できるようになりました。
  3. 帳票監査機能を追加
    ・サブレポートの参照・印刷・外部媒体への出力・Excel/CSV出力の回数を表示する機能が追加されました。
  4. 配布機能を強化
    ・仕分・投入されたサブレポートを投入単位で一括して取り消すことができるようになりました。

PIFVIEWER Version8.0 Release2.0 (2007年9月28日)

  1. オープンシステム連携機能(オプション)を追加
    ・プリンタドライバ形式での連携オプションを新規リリースしました。

PIFVIEWER Version8.0 Release1.0 (2007年4月27日)

  1. WindowsVistaに対応
    ・クライアント機能全般がWindowsVistaで動作可能です。
  2. InternetExplorer7に対応
    ・WebクライアントがInternetExplorer7で動作可能です。
  3. WebクライアントがUsers権限で動作可能
    ・Webクライアントを使用する際に、Windowsログインユーザの権限がUsers権限でも正常に動作するようになりました。