サイト内の現在位置を表示しています。

WebSAM OpenDiosa/OPBASE

分散/マルチプラットフォームシステムの監視/運用を効率化するシステム

OpenDiosa/OPBASEとは

OpenDiosa/OPBASE(オープンディオサ/オーピーベース)は、お客様 のシステムの構築・運用をトータルにサポートするミドルウエアです。

各種UNIX(HP-UX/Linux/Solaris)やWindowsサーバーのオープン環境に対応 、 ACOSとの連携が可能です。

OpenDiosa/OPBASE は分散/マルチプラットフォームシステムの監視/運用を効率化するシステムです。複数ホストの統合一元監視を実現することにより、従来のホスト単位での監視システムに比べて、効率の良いシステム監視/運用を行うことができます。また、監視する情報や運用対象を業務に意味付けすることによりシステムの監視/運用を【業務】の観点で行うことができます。

特長/機能

業務監視系

業務統合監視機能はOpenDiosa/OPBASE各機能の状況を総括的に要約表示します。 監視端末上で監視目的別に業務状況を統合監視する事ができます。また、監視画面から各機能の監視画面に遷移し、ドリルダウン的に障害箇所を特定でき、迅速な対処が可能です。

監視対象ホストの状態やそのホストの中で実行する常駐アプリケーションの状態を監視します。

複数の監視対象ホストで発生するメッセージ(イベント)を一元監視し、詳細な選択とグループ化により、システム監視上で本当に重要なメッセージだけを監視することができます。

重要メッセージ照会機能が記録した各ハードウェア/ソフトウェアからのメッセージを検索し、照会や印刷を行えます。
また、外部データとして出力し、市販のアプリケーションで利用できます。

業務性能監視系

監視対象のホストや業務などの稼動状況情報をホスト上で収集し、監視端末から照会・監視することができます。
OpenDiosa/OPBASEが標準提供している稼動状況情報や、ユーザ独自の情報を指定された条件に従って収集・表示します。

ACOS4の稼働情報(CPU/メモリ/ディスクの情報)を収集し、PC上にリアルタイム表示します。
収集されたデータの各種項目に対して、しきい値の監視を行い、監視対象の項目がしきい値を超過した場合には、重要メッセージを出力し、システム稼働状況を把握することが可能です。
また、エージェント側で収集された情報をACOS4のホストのログファイルにロギングし、その日の統計情報の参照、およびCSV形式に変換して利用することが可能です。
またVISMONSTAR連携オプションの導入により、ACOS4上の VISMONSTAR (*4) が採取したオンラインレスポンス情報を表示することが可能になります。

業務自動運転・オペレーション支援系

アクション制御機能やシナリオ制御機能から発行されたコマンドやメッセージを、投入先を判断して配信したり、投入セキュリティのチェックを行うことができます。
また、発行したコマンドやメッセージの履歴を管理し、監視端末で照会することができます。

異なるOSプラットフォームの複数の監視対象ホストに対するオペレーションを 一元化された統一ビューで行うことができます。
オペレーションの単位をアクションといい、コマンドやメッセージの発行を行います。
監視端末から手動でアクションを発行するだけでなく、メッセージや時刻のイベント発生を契機としてアクションを自動発行することもできます。

従来のスケジュール運行作業では、オペレータがメッセージの通知や時刻に合わせてコマンドを発行していましたが、シナリオ機能はこの様な運行操作を自動化することにより運用作業の効率化、運行作業のミスを軽減することができます。
システム内で非同期に発生するイベント(メッセージ/時刻)を監視し、あらかじめ作成した運行スケジュールに沿った運用を行います。
運用監視端末のGUIで運行スケジュールの進捗状況監視やイベント指示を行うことができます。

ACOS上のFIPS-XE(*1)と連携して、バッチジョブの運行監視をワークフロー形式に表示して行なう機能です。
FIPS-XEから通知される論理ジョブ/物理ジョブの実績(開始/終了時刻)を、最早/最遅/平均/前日の4パターンで管理し、ジョブの遅延/停滞をグラフィカルに監視することができます。
また、監視端末からFIPS-XE宛にコマンドを発行することができます。

ACOS連携

クラスタ制御機能(HP-UX, Windowsマネージャ)

ACOS4クラスタシステムにおいて、グローバルコマンドとして制御系コマンド/照会系コマンドを発行することができます。
OLF/AD-AG(*2)と連携してTOM/SSF-PX(*3)のマスタホストがどこか自動的に判断し、コマンドを投入します。

VISⅡ/HS連携機能(HP-UX, Linux, Windowsマネージャ)

ACOS上で動作する業務分散型VISの所在を、所在管理画面で監視することができます。
またアクション制御もしくはシナリオ制御から業務分散型VISへコマンドを投入することができます。

VISMONSTAR連携(HP-UX, Windowsマネージャ)

ACOS4上の VISMONSTAR (*4) が採取した情報を OpenDiosa/OPBASEの ACOS稼働監視(HP-UX, Windowsマネージャ) で表示することができます。

アプリケーションインターフェース

Extended SDK(HP-UX, Linuxマネージャ)

重要メッセージ照会、コマンド制御機能、稼動状況表示機能においてアプリケーションインタフェースを提供します。

重要メッセージ照会
マネージャ及び監視端末上で、フィルタリングしたメッセージの参照/マーク付け/確認操作が可能になります。

コマンド制御(HP-UX, Linux, Windowsマネージャ)
監視端末上のAPからのコマンド発行が可能になります。

稼動状況表示機能
マネージャ上でエージェントの稼動状況が参照可能になります。

  • *1
    FIPS-XEはACOS上でバッチジョブの管理を行なう製品です。
  • *2
    OLF/AD-AGはACOS4の統合管理機能です。
  • *3
    TOM/SSF-PXは、クラスタシステムの監視、操作を行なうACOS4の機能です。
  • *4
    VISMONSTAR はACOS4オンラインシステムのレスポンスを監視しオンライン業務改善を支援するソフトウェアです。

製品体系/価格

単位:円(税別)

製品名 希望小売価格 備考
OpenDiosa/OPBASE Base Manager-L 1,000,000~ 業務の統合監視を行う業務管理製品
OpenDiosa/OPBASE Extension Manager-L OpenDiosa/OPBASE Extension Manager-L for SOLVE 2,000,000~ プラットフォームを意識せずに、コマンド投入を行う業務管理製品
OpenDiosa/OPBASE Extension Manager-L for WinNT 500,000~
OpenDiosa/OPBASE Operations Manager-L 500,000~ コマンドの自動投入を行う業務管理製品
OpenDiosa/OPBASE Workflow Manager-L 500,000~ 業務の自動運行を行う業務管理製品
OpenDiosa/OPBASE Performance Manager-L 1,000,000~ ホスト、サーバの性能状況を監視する業務管理製品
OpenDiosa/OPBASE Job Monitoring Manager-L 1,000,000~ ACOSエージェントのバッチジョブの実績監視を行う業務管理製品
OpenDiosa/OPBASE Cluster Manager-L 1,000,000~ クラスタとして管理される複数のACOSの管理を可能とする業務管理製品

動作環境

マネージャ HP-UX, Linux, Windows
エージェント HP-UX, Linux, Solairs, Windows, ACOS
監視端末 Windows

必須プロダクト

マネージャ(HP-UX) Informix C-ISAM V7.26
WebSAM BASECenter(MG)
MC/ServiceGuard(マネージャ二重化時)
マネージャ(Linux) WebSAM BASECenter(MG)
CLUSTERPRO(マネージャ二重化時)
マネージャ(Windows) ESMPRO/ServerAgent
ESMPRO/ServerManager(エージェントにUNIXを含まない場合)
CLUSTERPRO(マネージャ二重化時)
エージェント UNIX
Informix C-ISAM V7.26(Linux以外)
WebSAM BASECenter(AG)

Windows
ESMPRO/ServerAgent

ACOS-4
NWCM/BASE