ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
ここから本文です。

NEC ビジネスPC Windows 10 Fall Creators Update 対応情報

DeviceLock Lite のモジュールを公開 更新日:2018.01.30
2017年11月タイプVTを動作確認機種に追加 更新日:2017.10.27
掲載日:2017.10.27

本ページでは、NEC ビジネスPC MateシリーズおよびVersaProシリーズにおける、Windows 10 Fall Creators Update (Windows 10, version 1709)への対応情報をお知らせいたします。

Updateの適用について、制限事項・注意事項がございます。
詳細につきましてはアップデート適用時の注意事項をご覧ください。

また、マイクロソフト社のOSサポート情報につきましても、併せてご覧ください。
[NEW WINDOW] https://support.microsoft.com/ja-jp (マイクロソフト社)

Windows Pro ロゴ

動作確認機種一覧

注意・制限事項

動作確認機種一覧

ビジネスノートPC

モバイルノートPC

タブレットPC

デスクトップPC

アップデート適用時の注意事項

Windows 10 Fall Creators Update (Windows 10, version 1709)の適用には、いくつか注意事項があります。次の機種、およびソフトウェアでの動作につきましては、記載項目をご確認願います。

Windows10 Fall Creators Updateでは、電源オプションにて、電源プランの「省電力」「高パフォーマンス」は使用できなくなります。

また、バッテリを2個搭載するモデルでは、Windows 10 Creators Update ならびに Windows 10 Fall Ceators Updateの適用後は、OSのGUIで表示されるバッテリの番号が、OSのアップグレード前と比べて、入れ替わって表示されるようになります。(バッテリ・リフレッシュ&診断ツールなどで表示されるバッテリの番号は、Windows 10 Fall Creators Upgradeの適用前後で変わりません。)

システムの復元後、アプリの初回起動時に「このアプリを開けません」というメッセージが表示されてアプリが起動しない場合があります。このような場合は、メッセージダイアログを閉じた後にもう一度同じアプリを起動してください。

システムの復元後、スタートメニューにアプリのアイコンが表示されなかったり、アプリ名がグレーアウトしていることがあります。このような場合は、1時間程度インターネットに接続し、スタートメニューが更新されるまでお待ちください。

システムの復旧について、PCのリフレッシュまたはリセットは、BIOSセットアップユーティリティから行うことはできません。再セットアップガイドを参照し、Windows上から行ってください。

システムの復旧について、一度システムの回復を行った後で、USBメモリに回復ドライブを作成し、それでシステムの回復を行うと、回復に失敗し全てのデータが消失する危険があります。回復ドライブはシステムの回復を1度も行っていない時に作成するか、システムの回復前に全データのバックアップを取ってください。この問題は現在Microsoft社で調査中です。

タッチパネル (VersaPro タイプVR)

以下の機種では、Windows 10 Fall Creators Updateを適用すると、ACアダプタを接続しない状態でタッチパネルの操作ができなくなります。そのため、これらの機種をお使いのお客様は、OSのアップグレードをなさいませんよう、ご注意ください。
(これらの機種は、この問題が解決するまで、Windows 10 Fall Creators UpdateがWindows Updateから配信されません。)

対象機種:タブレットPC VersaPro タイプVR<2015年10月発表> V*13V/RP-N

画面回転機能

Windows 10 Fall Creators Update適用により、グラフィックドライバが更新される場合があります。
その場合には、キーボードショートカット(【Ctrl】+【Alt】+【矢印キー】)を使って画面を回転させる機能は、ご利用頂けません。
画面の向きは、「アクション センター」→「すべての設定」→「システム」→「ディスプレイ」で設定できます。

マカフィー リブセーフ

Windows 10 Fall Creators Update適用後、マカフィー リブセーフを正しく動作させるためには、Windows 10のアップデート前にリブセーフを最新版へアップデートしておく必要があります。下記の手順でリブセーフをアップデートしてください。

<マカフィー リブセーフのアップデート手順>
以下の手順でアップデートを行い、バージョンが「16.0.1」以上であることを確認してください。

  1. インターネットに接続してください。
  2. デスクトップ画面を表示し、画面右下の通知領域にあるリブセーフのアイコンを右クリックしてください。右クリックメニューから「更新の確認」をクリックしてください。メイン画面が表示され、アップデートが開始されます。
  3. アップデートが完了し、「ご使用のソフトウェアは更新が必要です。」というメッセージが表示された場合は、「閉じる」をクリックします。または、メイン画面に「最新の更新がインストールされています。」と表示された場合には、「終了」をクリックします。
  4. リブセーフのメイン画面が表示されていない場合には、再度画面右下の通知領域にあるリブセーフのアイコンを右クリックしてください。メニューから「マカフィーリブセーフ・インターネットセキュリティを開く」をクリックします。「ようこそマカフィーリブセーフ・インターネットセキュリティ」画面が表示された場合は「スキップ」をクリックしてください。
  5. メイン画面右上の「アカウント」をクリックし、 画面内の「バージョン情報」をクリックします。
  6. 「マカフィーリブセーフ・インターネットセキュリティのバージョン情報」画面より、「マカフィー リブセーフ-インタネットセキュリティ」のバージョンが「16.0.1」以上であることを確認してください。

ウイルスバスター クラウド

Windows 10 Fall Creators Update適用後に最新のOS更新プログラムを適用すると、OS再起動後に更新プログラムがキャンセルされるため、正しく適用することができません。 下記の手順でウイルスバスター クラウドを最新版へアップデートしてからWindows 10のアップデートを行ってください。 また、ウイルスバスター クラウドをお使いではない場合は、ウイルスバスター クラウドをアンインストールしてからWindows 10のアップデートを行ってください。 <ウイルスバスター クラウドのアップデート手順> 以下の手順でアップデートを行い、「挙動監視コアドライバ」のバージョンが「7.0.1147」以上であることを確認してください。

  1. インターネットに接続してください。
  2. 画面右下の通知領域からウイルスバスターのアイコンを選択し「手動アップデート」をクリックしてください。「バージョン情報」画面が表示され、アップデートが開始されます。
    必要に応じて画面の指示に従ってください。
  3. アップデートが完了すると、画面にアップデート終了した旨が表示されます。
    ※アップデート中にOSの再起動を要求された場合は、OS再起動後に手順2を再度行ってください。アップデートが必要ない場合には「アップデートはありません」と表示されます。
  4. 表示されている「バージョン情報」画面内の「各コンポーネントの詳細を表示」をクリックします。
  5. 「コンポーネント」画面が開き、各コンポーネントのリストが表示されます。「挙動監視コアドライバ」のバージョンが「7.0.1147」以上であることを確認してください。
手動アップデートについては下記サイトも参考にしてください
[NEW WINDOW] https://esupport.trendmicro.com/support/vb/solution/ja-jp/1104352.aspx

Windows 10 Fall Creators Update適用後、ウイルスバスター クラウドをインストールする場合には、以下のサイトからWindows 10 Fall Creators Update対応のアプリケーションを入手してください。

[NEW WINDOW] http://tmqa.jp/necpc_comm

ECOモード設定ツール

全ての機種で、Windows 10 Fall Creators Updateの適用前に、本ツールを起動し「初期設定に戻す」をクリック、本ツールを終了してください。その後、Windows 10 Fall Creators Updateを適用してください。
なお、Windows 10 Fall Creators Updateを適用後、「省電力」または「高パフォーマンス」は、切り替える電源プランとして選択できません。
2016年5月発表モデル以前の機種をお使いの場合、Windows 10 Fall Creators Update適用後、下記の手順で本ツールをいったん削除し再度インストールしてください。

<ECOモード設定ツールの削除とインストールの手順>
Windows 10 Fall Creators Update適用後、「アプリと機能」から本ツールをいったん削除し、以下のいずれかの方法で、ECOモード設定ツールを再度インストールする。

バッテリ・リフレッシュ&診断ツール

2017年1月発表モデルまでの機種をお使いの場合、Windows 10 Fall Creators Update適用後、下記の手順で本ツールをいったん削除し再度インストールしてください。
 
<バッテリ・リフレッシュ&診断ツールの削除とインストールの手順>
 Windows 10 Fall Creators Update適用後、「アプリと機能」から本ツールをいったん削除し、以下のいずれかの方法で、バッテリ・リフレッシュ&診断ツールを再度インストールする。

DeviceLock Lite

2018年 1月30日公開の「モジュール番号6686 DeviceLock Lite アップデートモジュール」を適用して、Windows10 Fall Creators Updateに対応したDeviceLock Liteをお使いいただけますよう、お願いいたします。

http://121ware.com/download」から「NECサポートプログラム」の「モジュール番号を入力して検索」にてモジュール番号「6686」を入力し DeviceLock Lite の公開ページ を表示可能です。

詳細情報、対象機種については、上記モジュールの説明および「対象となるお客様」をご覧ください。

オンラインマニュアルを参照される場合は、[NEW WINDOW] PC検索システムから、お使いのパソコンの型番で検索頂くと対応マニュアルの参照ができます。

NEC Authentication Agent

Windows 10 Fall Creators Update上では、NEC Authentication Agentは正常に動作いたしません。TPM PINを設定すると、TPM PINの設定に失敗するため、TPM PINのみのログオンの設定にしている場合、ログオンができなくなります。この現象が発生した場合、NEC Authentication Agentをアンインストールすることでログオンできるようになります。

将来のWindows Updateで本件に対応予定ですが、それまでは指紋センサなど他の認証手段を併用するか、NEC Authentication Agentを使用なさいませんよう、お願いいたします。

Access Connections

Windows 10 Fall Creators UpdateでAccess Connectionsを引き続きご利用いただく場合は、まず「アプリと機能」に本ツールが残っていないか確認し、残っている場合は削除してください.次に、以下のいずれかの方法で、Access Connectionsを再度インストールしてください。

APN設定&切替ツール

Windows 10 Fall Creators Update適用後に本体のSIMカードの挿抜を行った場合は、本ツールによるAPNの切替機能が動作しません。OS標準の機能にて切り替えを行ってください。

Realtek Bluetooth Adapter

Windows 10 Fall Creators Updateの適用前に、Windows Updateを適用して、Realtek Bluetooth Driverを最新のものにしてください。

Intel® ワイヤレス Bluetooth®

Intel Bluetoothドライバの名称が、デバイスマネージャー上で文字化けする場合があります。以下の手順で、正しい名称に戻すことができます.。

  1. スタートボタンを右クリックして、「デバイス マネージャー」をクリック
  2. 「Bluetooth」をダブルクリック
  3. 「(文字化けしているドライバ名)」を右クリックして、「ドライバーの更新」をクリック
  4. ドライバーの検索方法で「ドライバー ソフトウェアの最新版を自動検索」をクリック
  5. ドライバが自動更新され、文字化けが解消します。

ページの先頭へ戻る