サイト内の現在位置を表示しています。

ACOS-2プラットフォームサービス

概要

ACOS-2プラットフォームサービスはNEC神奈川データセンターにおいて、ACOS-2のハードウェア/ソフトウェアの環境を提供します。
これまでお客様拠点で扱ってきたACOS-2システムの資産をNEC神奈川データセンターで稼働させることができます。
お客様拠点とNEC神奈川データセンターをネットワークで接続することで、既存業務アプリケーションを変更することなく継承することができます。

ご利用のメリット

ACOS-2プラットフォームサービスをご利用いただくメリットとして、お客様のACOS-2システムの運用負荷を軽減することができるため、将来の事業拡大に向けたシステム刷新検討へのリソースシフトをはかることが可能です。

既存の業務システムをそのまま継続利用可能

現在ご利用中のお客様業務資産をACOS-2プラットフォームサービス上でそのまま継続して利用することが可能です。
ACOS-2プラットフォームサービスではNEC Cloud IaaS(NECCI)の機能を利用しており、NECCIが提供する各種機能、サービス、またNECが提供する各種ソリューションとの連携・拡張も可能となります。

作業の効率化、安定稼働によるトータルコストの削減

システムの運用スケジュール管理、稼働監視、構成管理など、ACOS-2システムを運用する際に必要な作業をサービスにて提供し、お客様のシステム運用に関わるトータルコストを削減します。
また、ランスケジューラ登録や端末登録・変更、ファイル復旧/拡張、ディスクリロケートなどの作業もサービスとして提供し、システム運用の効率化と安定稼働を実現します。

業務資産の棚卸によるシステムの可視化を実現

ACOS-2プラットフォームサービスご利用中はシステムの稼働情報を自動的に収集しており、収集した稼働情報をもとにした資産の棚卸を行うことができます。
稼働情報をもとにした解析により、死活状態も含めた資産の棚卸が可能なため、より正確に保有資産を把握することができます。

機能

基本的なサービス機能とサービス特有の付加価値を提供します。

作業の効率化と安定稼働メニュー(付加価値)

システム運用において必要な作業をACOS-2プラットフォームサービスが代行します。
これにより、お客様のシステム運用の効率化と安定稼働を実現します。

作業効率化
安定稼働

業務資産棚卸(付加価値)

ACOS-2プラットフォームサービスではお客様業務資産の稼働情報を自動で収集しています。
収集した稼働データを利用して、死活状態も含めた資産の棚卸を行うことができます。

サービスメニュー

ACOS-2プラットフォームサービスは、基本サービス(月額)と初期構築サービスを提供します。

基本サービス

HW/SWリソース(保守契約込)と問合せ・監視等をサービス提供します。
※価格はモデル・構成による個別見積となります。

初期構築サービス

NECフィールディング現調作業相当に加え、DC内NW構築も行います。
※価格はモデル・構成による個別見積となります。