サイト内の現在位置

NECと日本オラクル、KDDIへクラウド基盤の統合課金メディエーションパッケージを提供

2024年2月9日
日本電気株式会社
日本オラクル株式会社

日本電気株式会社(本社:東京都港区、取締役 代表執行役社長 兼 CEO:森田 隆之、以下「NEC」)、日本オラクル株式会社(本社:東京都港区、取締役 執行役 社長:三澤 智光、以下「日本オラクル」)は、KDDI株式会社(本社:東京千代田区、代表取締役社長 CEO:髙橋 誠、以下「KDDI」)に対し、オラクルが提供するクラウド基盤であるOracle Cloud Infrastructure*1(OCI)上に、NECが提供する統合課金メディエーションパッケージ*2を採用した統合課金メディエーションシステムを提供します。なお、2024年度のシステム稼働を目指しています。

このたびNECが提供する統合課金メディエーションパッケージは、Netcracker Technology(以下「ネットクラッカー」)のモバイルコアネットワーク*3向けの課金ゲートウェイ機能(Charging Gateway Function)*4と課金メディエーション機能を、NECが統合したパッケージ製品であり、顧客管理・課金・請求などに必要な様々な情報を事業支援システム(Business Support System、以下「BSS」)と繋ぐゲートウェイ機能を提供します。さらに高性能かつ強固なセキュリティと安定した高速ネットワークを実現するOCI上に構築することで柔軟で可用性の高いサービスが提供可能となります。KDDIではこれまで通信設備における課金ゲートウェイ機能と課金メディエーション機能において、用途毎に複数の管理設備があり、運用の煩雑さや定期的な設備更改に伴う開発コストが課題となっておりました。この課題を解決するため、共通インフラストラクチャ上に業界標準パッケージ製品を導入するFit to Standardの検討がKDDI主導で開始されました。この領域で豊富な導入実績と知見を合わせ持つNEC(アプリケーション標準パッケージ提供)と日本オラクル(インフラストラクチャ提供)がKDDIから選定されました。

本システムの特長

1. 効率的な課金処理

今回KDDIには、ネットクラッカーが提供する、課金ゲートウェイ機能と課金メディエーション機能を組み合わせた統合課金メディエーションパッケージを採用しました。本パッケージに使用されている課金ゲートウェイ機能はグローバル400社以上の事業者への導入実績があり、国際標準(3GPP)に準拠しています。本パッケージは、この課金ゲートウェイ機能と集められた課金ファイルの加工集計を行う課金メディエーションを統合したNEC独自のソリューションで、パケット通信・音声通話など各ユーザが利用したサービス毎に発生する、多様かつ大量の課金情報を収集・加工・集計・整理してBSSに連携でき、効率的な課金処理が可能になります。

2. 可用性の高いサービス提供

高い信頼性と可用性を提供するクラウド上で運用することで、消費者や企業の新たな需要に沿った新しいビジネスモデルを展開することができます。OCI上で提供されるサービスにより、拡張性、可用性、および自動化機能の恩恵を受けることができます。

本件に関する3社のコメントは以下のとおりです。

統合課金メディエーションシステムの導入において、パートナーとしてNECおよび日本オラクルと連携できたことを光栄に思います。設定自由度が高く、様々なコアネットワークとの接続が可能なNetcracker社パッケージと、可用性及び経済性に優れているOCIを導入することにより、通信課金業務の世界標準に対応した課金システム構築を目指します。また、本取り組みによって、KDDIは今後もお客様に対する更なるサービス向上に繋げていきます。

KDDI 情報システム本部長 増田 克哉 氏

KDDIへ統合課金メディエーションパッケージ導入に貢献できることを光栄に思います。NECの高品質で信頼性の高いソリューションとオラクルのインフラ基盤との連携により、新サービスへの柔軟な対応とスケーラビリティの両立を進化させ、課金システムの効率化を強力にサポートいたします。今後も5Gネットワーク、BSS、運用支援システムをトータルソリューションとして提供し、KDDIの次世代ネットワーク事業のさらなる発展に貢献していきます。

NEC  Corporate SVP ネットワークソリューション事業部門長  佐藤 崇

KDDIへ統合課金メディエーションパッケージのインフラ基盤としてOracle Cloud Infrastructure(OCI)が採用となったことを光栄に思います。KDDIでは、基幹システムのモダナイゼーション、災害復旧(DR)サイトなどでOCIを活用頂いていますが、今回のNECとの連携においても、OCIの高い性能、セキュリティ、安定性により、課金システムの効率化を支援します。今後も豊富なサービスをOCIで提供し、KDDIの5Gによる通信事業の進化と拡大に貢献していきます。

日本オラクル 専務執行役員 クラウド事業統括 竹爪 慎治

以上

  • *1
    オラクルが提供するクラウド・インフラストラクチャおよびプラットフォームの総称。あらゆるアプリケーションを短期間で高速かつセキュアに実行できるように設計されており、コンテナやVMwareからAIまで、ITの移行、最新化、構築、拡張に必要なすべてのサービスを利用可能。既存および新規のアプリケーションとデータ・プラットフォームなど、あらゆるワークロードの稼働に最適なインフラストラクチャ・サービスを提供する。new windowhttps://www.oracle.com/jp/cloud/
  • *2
    課金ゲートウェイとメディエーションを統合するNEC/Netcrackerの課金ソリューションの総称。複数のコアネットワークの課金ゲートウェイを統合し、料金システム向けに課金ファイルを効率的に提供することが可能。柔軟なワークフローと標準IFを具備しておりあらゆる課金情報の最適処理を提供する
  • *3
    モバイルネットワークのうち、モバイル端末との無線通信以外の様々な機能を提供するネットワークの総称
  • *4
    プレスリリース(2023年1月18日発表):NEC、ドコモの5G-SA方式に対応した課金ゲートウェイを提供
    URL:https://jpn.nec.com/press/202301/20230118_01.html

NECについて

NECは創業以来120年を超える活動の中で、先進的な技術や様々な知見、アイディアを駆使し、イノベーションを起こすことで社会に貢献してきました。
社会価値創造型企業としてデジタルの力で安全・安心・公平・効率という社会価値を創造し、誰もが人間性を十分に発揮できる持続可能な社会の実現を目指します。
https://jpn.nec.com/

日本オラクルについて

私たちのミッションは、人々が新たな方法でデータを理解し、本質を見極め、無限の可能性を解き放てるよう支援していくことです。データ・ドリブンなアプローチにより情報価値を最大化するクラウド・サービス、それらの利用を支援する各種サービスを提供しています。オラクル・コーポレーションの日本法人。東証スタンダード市場上場(証券コード:4716)。
new windowwww.oracle.com/jp

オラクルについて

オラクルは、広範かつ統合されたアプリケーション群に加え、セキュリティを備えた自律型のインフラストラクチャをOracle Cloudとして提供しています。オラクル(NYSE:ORCL)に関するより詳細な情報については、new windowwww.oracle.com をご覧ください。

商標

Oracle、Java、MySQL及びNetSuiteは、Oracle Corporation、その子会社及び関連会社の米国及びその他の国における登録商標です。NetSuiteは、クラウド・コンピューティングの新時代を切り開いたクラウド・カンパニーです。

本件に関するお問い合わせ先

NEC
BSS/OSS統括部
E-Mail:netcracker@nbd.jp.nec.com

日本オラクル株式会社
TEL:050-3615-0035

Orchestrating a brighter world

NECは、安全・安心・公平・効率という社会価値を創造し、
誰もが人間性を十分に発揮できる持続可能な社会の実現を目指します。
https://jpn.nec.com/brand/