サイト内の現在位置

NEC、経済産業省指針に基づくDX認定を取得

2021年2月4日
日本電気株式会社

NECは、このたび経済産業省が定めるDX認定制度に基づき、「DX認定取得事業者」としての認定を電機業界で初めて取得しました。これは、ビジョンや事業戦略、体制をはじめとするNECのDXの取り組み全般が評価されたものです。
NECはグループ会社においても本認定の取得を進め、グループ全体でのDX推進体制の強化を図ります。引き続き、生体認証、AI、5G等のデジタル技術を活用して、顧客や社会が抱える課題の解決に取り組み、社会価値の創造を推進していきます。

1.DX認定制度の概要

DX認定制度とは、「情報処理の促進に関する法律」に基づき、経済産業省が定める「デジタルガバナンス・コード」(注1)の基本的事項に対応する企業を国が認定する制度です。具体的には、経営ビジョンの策定や戦略・体制の整備などDX推進の準備が整っている企業を認定事業者として認定し、企業を中心に社会全体でDXを推進していくことを目的に作られた制度となります。

2.認定取得のポイント

NECは中期経営計画に基づき、DXの取り組みを推進しており、お客様との共創による取り組みやNEC自らの取り組みなどを自社ホームページ(注2)や統合レポート(注3)、NEC IR Day(注4)等にて公表しています。
今般、NECが「DX認定事業者」に認定されたのは、経営者に求められる企業価値向上に向け実践すべき事柄を定めた「デジタルガバナンス・コード」のすべての項目(「ビジョン・ビジネスモデル」「戦略」「成果と重要な成果指標」「ガバナンスシステム」)に関して、NECの取り組みが認定基準を満たしていると認められたためです。

以上

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC デジタルトラスト推進本部
E-Mail:datadistribution@office.jp.nec.com

Orchestrating a brighter world

NECは、安全・安心・公平・効率という社会価値を創造し、
誰もが人間性を十分に発揮できる持続可能な社会の実現を目指します。
https://jpn.nec.com/profile/vision/