サイト内の現在位置

NEC、NTTドコモのStand Alone型5Gモバイルコアの提供ベンダに選定

2020年10月29日
日本電気株式会社

NECはこのたび、株式会社NTTドコモ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:吉澤 和弘、以下NTTドコモ)が2021年度中にサービスを予定しているStand Alone(SA)方式の5Gに対応したモバイルコアネットワーク5GC、および小型ユーザデータ処理装置の提供ベンダに選定されました。

本5GC及び小型ユーザデータ処理装置「UPF mini(注1)」の提供により、NECはNTTドコモのSA方式による更なる5Gの展開に貢献し、5Gの特長とされているeMBB(高速・大容量)、mMTC(同時多接続)、URLLC(低遅延、高信頼)を実現して、5G時代に求められる多種多様なネットワークのニーズに対応します。

zoom拡大する
5GC活用ユースケース

今回採用が決定したSA型5GCはvEPC(virtualized Evolved Packet Core:仮想化EPC)で採用した仮想化に加え、コンテナ技術(注2)を採用することで、より柔軟な運用性を実現しました。5Gの特徴を活かした各種サービスに最適なスライスネットワークを提供可能とすると共に、スケーラビリティの向上も実現しています。このSA型5GCはクラウドでも提供しており、グローバル市場への展開も推進しています。

また、UPF miniは、従来のユーザデータ処理装置より小型で省電力なため、設置場所の自由度が向上します。5Gの特長である超低遅延を実現するためには基地局とユーザ端末間の無線区間だけではなく、有線区間を含めたネットワーク構成全体の低遅延化が必要となります。UPF miniを有線区間に適切に配置し、アプリケーションサーバまでの物理的な距離を短くすることで、全体的な処理時間の削減をするMEC(Multi Access Edge Computing、注3)を実現し、超低遅延サービス提供エリアの拡大に貢献します。

NECはLTE向けコアネットワークvEPCをNTTドコモに提供しています。NTTドコモが2020年3月から開始した5G サービスではこのvEPCの機能を拡張したものが採用されており、Non Stand Alone(NSA)型コアネットワークとして運用されています。LTE向け無線基地局や5G無線基地局も提供しており、本コアネットワークと合わせて、NTTドコモの5Gサービスをトータルで支援し、次世代のネットワークサービスの拡大に貢献します。

zoom拡大する
NTTドコモのコアネットワークへの貢献

今回の5GCおよびUPF miniの選定についてNTTドコモ常務執行役員 谷 直樹氏は次のように述べています。「5GCにより、多種多様なニーズ・ユースケースに柔軟に対応可能な5Gコアネットワークが構築可能となります。NTTドコモは、NECをはじめとするパートナーと共に最新の機能を提供し続け、5Gネットワークの更なる高度化を推進していきます。」

また、NEC執行役員常務 河村 厚男は次のように述べています。「NTTドコモの5Gコアネットワークベンダに選定されたことを光栄に思います。すでにNTTドコモの4Gネットワークに提供しているコアネットワーク装置、無線機に続き、高品質で信頼性の高い5GCを提供します。NTTドコモの5Gサービスの拡大を強力にサポートし、グローバル市場を含めた次世代モバイルインフラのさらなる発展に貢献していきます。」

以上

  • (注1):
    NEC、イベント会場などで高信頼5G伝送ネットワークを迅速に構築可能な5Gモバイルコアシステムを開発
    https://jpn.nec.com/press/202001/20200120_02.html
  • (注2):
    OS(オペレーションシステム)上に他のプロセスからは隔離されたアプリケーション実行環境を構築することで、仮想的な動作環境をより少ないコンピュータリソースで実現する技術。
  • (注3):
    ユーザーに近いところにエッジサーバーを設置し、そこでアプリケーションとの通信を行うことで、低遅延化・処理の分散化を実現する技術。

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NECネットワークサービス企画本部
E-Mail:contact@nwsbu.jp.nec.com

Orchestrating a brighter world

NECは、安全・安心・公平・効率という社会価値を創造し、
誰もが人間性を十分に発揮できる持続可能な社会の実現を目指します。
https://jpn.nec.com/profile/vision/