サイト内の現在位置

NEC、DX変革加速に向けて自社グループ基幹システムのSAP S/4HANA®への刷新とSAP HANA®を活用したデジタル経営基盤の構築を実施

~自社での実績・ノウハウを活かしてERP領域の事業強化へ~

2020年9月30日
日本電気株式会社

NECは、デジタルトランスフォーメーション(DX)変革加速に向けて、自社グループの基幹システムを従来のSAP® ERP(SAP® ECC 6.0)から最先端の次世代ERPシステムであるSAP S/4HANA®(注1)へ刷新するとともに、合わせてSAP HANA®(注2)を活用したデジタル経営基盤(ビッグデータ基盤)を構築し、本番稼働を開始しました。すでに海外10カ国14拠点に導入し、今後順次グループ各社に展開していく予定です。
NECは、グループ会社であるアビームコンサルティング(注3)との連携により、今回の自社グループでの実績・ノウハウを活かしてSAP社が提供するERPシステムを活用し、New Normal時代における社会や企業の課題を構想から実装・定着までEnd to Endで解決するERP領域の事業を強化していきます。

NECグループは、経営のスピードアップと業務効率化を目的に、2010年から国内外のグループ会社にSAP社のERPシステムを導入し、販売・経理・購買といった基幹系の業務プロセスの標準化や経営の見える化を進めてきました。
昨今、これまでの基幹系領域を超え、ビジネスプロセス全体を見据えた迅速・柔軟な事業遂行や、社内外のあらゆるデータ分析に基づいたビジネス創造などの新しい経営ニーズへの対応が求められる中、これまでのERPシステムや会社・組織ごとに個別最適化された旧来の情報システムでは対応が困難な状況にありました。

SAP S/4HANA®への刷新とデジタル経営基盤の構築について

  1. 基幹システムのSAP S/4 HANA®への刷新
    AI、機械学習、データ分析などインテリジェント機能を備えるSAP S/4HANA®にて刷新することで、ビジネスプロセス全体で様々なアプリケーションと連動し、DX化を推進していきます。
    また、今回はアビームコンサルティングのサービスである「ABeam Cloud® Conversion Express Factory for SAP S/4HANA® (注4)」などを採用し、品質確保・効率化により実行計画を短期に策定しました。膨大な工数を要していたテスト工程では、プロセスマイニングツール「Celonis」とインテリジェントオートメーションの「Blue Prism」を組み合わせた先進的な自動テスト方式「Digital Test」を採用し、大幅な工数削減を実現しました。
    なお、今回の刷新ではテレワークによる働き方で、当初の計画どおりに既存業務への支障をきたさない品質での導入を実現し、かつ機能棚卸により約40%の機能を削減しました。
  2. SAP HANA®をベースとしたデジタル経営基盤の構築
    大容量のデータを高速に処理するインメモリーデータベースであるSAP HANA®を採用することで、目的別に用意していたデータベースを統合し、データ加工の工数を削減し、鮮度と精度の高いデータを提供できる先進的な情報系プラットフォームを構築しました。さらに、大量のデータの分散処理や管理が可能なソフトウェアであるCloudera Data Platform(注5)を採用することでデータプラットフォームを二層化し、効率的かつ拡張可能で、使いやすいデータ管理を実現しています。
    これにより、ビジネスプロセス全体から上がる情報や企業内外のあらゆる情報をデジタル経営基盤に一元化し、グループ社員全員がデータ分析をすることにより経営と業務の高度化を図り、DX化を加速していきます。

アビームコンサルティングとの連携について

アビームコンサルティングとの連携を強化し、社会や企業の課題を構想から実装・定着までのEnd to Endで解決するDX事業を加速していきます。今後、今回の自社基幹システムのSAP S/4HANA®への刷新とSAP HANA®を活用したデジタル経営基盤構築の経験を活かしてSAP社の次世代ERPシステムを活用したソリューションを外販し、お客様のDX化に貢献します。

NECは、このSAP S/4 HANA®へ刷新した基幹システムとデジタル経営基盤を今後グループ各社に順次展開することで、ビジネスプロセス全体の周辺システム刷新に加えて、NECの持つAIなど最先端ICTを活用したDX化をさらに推し進めていきます。

以上

  • (注1)
    SAP S/4HANA®:
    SAP社のインメモリーデータベース SAP HANA を基盤とする統合型インテリジェント ERP システム
  • (注2)
    SAP HANA®:
    SAP社のハイパフォーマンスなインメモリーデータベース
  • (注3)
    アジアを中心とした海外ネットワークを通じ、それぞれの国や地域に即したグローバル・サービスを提供している総合マネジメントコンサルティングファーム。戦略、 BPR、IT、組織・人事、アウトソーシングなどの専門知識と、豊富な経験を持つ約 6,600 名のプロフェッショナルを有し、金融、製造、流通、エネルギー、情報通信、パブリックなどの分野を担う企業、組織に対し幅広いコンサルティングサービスを提供しています。
    ホームページ:new windowhttps://www.abeam.com/jp/
  • (注4)
  • (注5)
    Cloudera Data Platform:
    セキュリティとガバナンスを確保し、Apache Hadoop/Apache Hive/ Apache Spark等を含む大量データの分散処理・管理可能なオープンソースソフトウェア
  • SAP、SAPロゴ、記載されているすべてのSAP製品およびサービス名はドイツにあるSAP SEやその他世界各国における登録商標または商標です。
  • アビーム、ABeam及びそのロゴは、アビームコンサルティング株式会社の日本その他の国における登録商標です。
  • その他本文に記載されている会社名及び製品名は各社の商号、商標または登録商標です。

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC DX事業推進本部
E-Mail:nssc-cs@sap.jp.nec.com

Orchestrating a brighter world

NECは、安全・安心・公平・効率という社会価値を創造し、
誰もが人間性を十分に発揮できる持続可能な社会の実現を目指します。
https://jpn.nec.com/profile/vision/