サイト内の現在位置

NEC、POS端末に依存しないPOSソフトウェア「NeoSarf/POS」を提供開始

2020年2月26日
日本電気株式会社

NECグループは、小売業向けに他社製のPOS端末やPC・Windowsタブレット(注1)にも対応可能なPOSソフトウェア 「NeoSarf/POS」を本年3月から提供開始します。

近年、小売業ではM&Aなどによる事業の拡大が増えてきており、企業内において増加する異なるメーカーのPOS端末を同一のPOSソフトウェアで動作させたいというニーズが高まっています。

本POSソフトウェアは、POS端末に依存せずに導入可能なため、企業内に異なるメーカーのPOS端末が存在する場合でも導入が可能です。また、電子マネーやECサイトとの連携など快適で心地よい購買体験を実現する各種オプション機能や、NECグループの現地サポート体制を活用した保守サポートにより、円滑な店舗運営を支援します。

画面イメージ
画面イメージ

「NeoSarf/POS」の特長

  1. POS端末に依存せず導入可能
    NEC製だけでなく、他社製のPOS端末やPC・Windowsタブレットなど多様な形態のPOS端末に対応可能です。これにより、M&AなどによりPOS端末が複数メーカー混在する場合でも、POS端末を統一することなく同一のソフトウェアで稼働できるため、コスト抑制と管理業務の効率化を支援します。
  2. 操作性に優れたユーザインターフェースを提供
    見やすく分かりやすい直観的な操作が可能な画面デザインを実現するとともに、文字・ボタンサイズ・各項目の配置は利用者のニーズに応じて変更が可能(注2)です。優れたユーザインターフェースにより初心者でも操作がしやすいため、教育コストの削減にも寄与します。
  3. 豊富なオプション機能を提供
    電子マネーや訪日外国人向け免税手続きソリューション「J-TaxFreeシステム」(注3)などに加え、今後はEC・通販統合ソリューション「NeoSarf/DM」(注4)やQR決済をはじめ約30種類の決済サービスに対応するプラットフォーム「マルチサービスゲートウェイ」(注5)との連携を可能とするオプション機能を提供します。これにより、リアル店舗とECサイトのポイントや購入履歴の統合、また、多様化する決済方法等への対応を実現します。
    さらに、本ソフトウェア導入後のサポートでは、NECグループの現地サポート体制により迅速なサポート対応が可能です。

製品名・価格・販売目標

  • ・製品名
    :「NeoSarf/POS」
  • ・価格
    :POSソフトウェア初期ライセンス標準価格15万円(税別)
    ※初期ライセンス費用のみ。SI・HW費用、保守費用は別途発生。
  • ・販売目標
    :2022年度末までに累計100億円

NECは、2020年度までの3カ年の中期経営計画「2020中期経営計画」のもと、生体認証やAI・IoTなどの先進技術を活用し、今後も快適で心地よい顧客体験を生み出し続ける店舗運営の実現「Smart Retail CX」に取り組みます。これにより人やモノ、プロセスの情報・状態をバリューチェーン全体で共有し、新たな価値を生み出す「NEC Value Chain Innovation」(注6)をお客様と共に実現していきます。

以上

「NeoSarf/POS」について

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC 第二リテールソリューション事業部
E-Mail:neosarf-pos-press@retail.jp.nec.com

NECは、社会ソリューション事業を推進する
ブランドメッセージ「Orchestrating a brighter world」のもと、
今後の世界の大きな変化(メガトレンド)に対応する
様々な課題解決や社会価値創造に貢献していきます。
詳細はこちらをご覧ください。
https://jpn.nec.com/profile/vision/message.html

Orchestrating a brighter world