サイト内の現在位置

NEC、新たなイノベーションを生み出す共創空間「NEC Future Creation Hub KANSAI」を大阪に新設

~共創で関西地域のスマートシティ化を推進~

2019年9月17日
日本電気株式会社

NECは、新たなイノベーションを生む共創空間「NEC Future Creation Hub KANSAI」をNEC関西ビル(大阪市中央区)に新設し、本日オープンします。本施設は、お客さまとNECが共に未来を描く場所であり、関西地域でのスマートシティ実現に向けた共創の場です。

関西地域では、ワールドマスターズゲームズ、大阪・関西万博といった世界的なイベントの実施に伴い、大阪駅周辺や夢洲などのエリア開発を控えています。さらに、今後も訪日外国人観光客の増加が見込まれ、関西広域への波及が期待されています。こうした中、デジタルを活用した安全で住みよい街づくりやスマートホスピタリティの実現が課題となっており、これらの課題を解決するため、公民連携をはじめとした様々な組織を越えた共創が求められています。

このような状況を踏まえ、NECは本施設に生体認証「Bio-IDiom」(注1)や映像解析をはじめとするICTアセットが実装されたスマートシティを体感いただけるコンテンツ、共創に向けた対話を促進するプログラムなどを用意しました。また、本年8月、関西支社内に「まちづくり推進室」を設置し、事業推進の強化もしています。これらにより、関西地域でのスマートシティ実現に向けた共創をさらに推進していきます。

NECは先進のICT技術を活用した高度な社会インフラを提供する「社会ソリューション事業」を推進することで、社会の様々な課題解決に貢献しています。「2020中期経営計画」においても、社会価値創造型企業への変革を進めており、本年2月に「NEC Future Creation Hub」をNEC本社ビル(東京都港区)に新設しました(注2)。今回の本施設新設もその一環です。

今後、東京と関西の両施設を活用し、共創を通じてお客さまの課題だけでなく、将来の関西を一緒にデザインできるよう進めていきます。

NEC Future Creation Hub KANSAI施設内イメージ

Welcome Zone
(受付)
Theater
(未来社会のイメージ映像を放映)
Social Innovation
(デジタルがかなえる未来社会の体感エリア)
Collaboration Spot
(対話エリア)
Digital Transformation
(DXを加速する技術・ソリューションの展示エリア)
Collaboration Room
(共創型ワークショップスペース)

NEC Future Creation Hub KANSAIの概要

  • 名称
    :NEC Future Creation Hub KANSAI (エヌイーシー・フューチャー・クリエイション・ハブ・カンサイ)
  • 所在地
    :大阪府大阪市中央区 NEC関西ビル2階
  • センター長
    :NEC IMC本部 末吉 聖美
  • 利用方法
    :予約制
  • 敷地面積
    :約783m2

以上

  • (注1)

    「Bio-IDiom(バイオイディオム)」は、顔、虹彩、指紋・掌紋、指静脈、声、耳音響など、NECの生体認証の総称です。世界トップクラスの技術や豊富な実績を活かし、ニーズに合わせて生体認証を使い分け、あるいは組み合わせることで、「誰もが安心してデジタルを活用できる世界」を実現していきます。https://jpn.nec.com/solution/biometrics/index.html
  • (注2)
    NECプレスリリース「NEC、体感と対話で、新たなイノベーションを生む共創空間「NEC Future Creation Hub」を本社に新設」(2019年2月4日)
    https://jpn.nec.com/press/201902/20190204_01.html

NEC Future Creation Hub KANSAIについて

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

NEC IMC本部
E-Mail:kansai@bbs.jp.nec.com

NECは、社会ソリューション事業を推進する
ブランドメッセージ「Orchestrating a brighter world」のもと、
今後の世界の大きな変化(メガトレンド)に対応する
様々な課題解決や社会価値創造に貢献していきます。
詳細はこちらをご覧ください。
https://jpn.nec.com/profile/vision/message.html

Orchestrating a brighter world