ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. プレスリリース
  3. ミツウロコCSとNEC、IoTを活用してLPガスメーターの情報を提供するサービスを展開開始
ここから本文です。

ミツウロコCSとNEC、IoTを活用してLPガスメーターの情報を提供するサービスを展開開始

~2019年春からミツウロコヴェッセルで展開開始~

2019年2月6日
株式会社ミツウロコクリエイティブソリューションズ
日本電気株式会社

株式会社ミツウロコクリエイティブソリューションズ(注1、以下 ミツウロコCS)と日本電気株式会社(注2、以下 NEC)は、2019年4月よりIoTを活用して遠隔でLPガスメーターの情報を提供するサービス(以下、本サービス)を全国のLPガス販売事業者向けに展開開始します。
両社は、2018年9月より愛知県名古屋市周辺で本サービスを用いて収集した情報を配送業務効率化に利用する大規模実証(注3)を行っており、本実証において、「LPガスメーター情報の遠隔取得」が実用レベルで問題なく行えることを確認しております。
本サービスは、各消費者宅のLPガスメーターにNECの「LPWA対応IoT無線化ユニット」(注4、以下 無線化ユニット)を設置し、通信網に京セラコミュニケーションシステム株式会社(注5、以下 KCCS)が提供するIoT向けのネットワーク「Sigfox」(注6)を利用することで、LPガスメーターの指針データを遠隔から網羅的、かつ高頻度、低コストで収集するもので、両社による2017年5月8日付ニュースリリース(注7)にて提供予定としていた以下の項目のうち、(1)(2)について先行してサービス展開いたします。

  • (1)LPガス販売事業者へ月に一度消費者のLPガスメーター指針値を提供するサービス
  • (2)LPガス配送事業者へ日次でLPガスメーター指針値を提供するサービス
  • (3)LPガス配送業務効率化ソリューションを提供するサービス
また、ミツウロコグループのエネルギー事業を担う株式会社ミツウロコヴェッセル(注8)のLPガス供給先を対象に、2019年春から順次展開を開始します。

今後、今回の指針データの収集に加え、リアルタイム双方向通信による集中監視業務への対応など、保安体制のさらなる強化につながるメニューの実現も併せて推進していきます。

背景

これまでLPガス販売事業者は、検針業務としてLPガスの消費者宅へ月に一度訪問し、LPガスメーターの指針値を目視で確認することにより行ってきました。しかし、社会問題となっている人手不足の影響により、この検針業務を担う人員の確保が難しくなっております。
本サービスにより日次で提供されるLPガスメーターの指針値を検針に利用することは、人手による検針業務の代替となり、人員の確保に困難を感じている事業者等からの期待が高まっておりました。

拡大するサービスの概要

参考価格

  • 無線化ユニットの購入費用と毎月のサービス利用料を、10年間の利用を想定して1か月あたりの負担額に換算した場合、100円~/軒(月)となります。

本サービスの内容について

  1. LPガスメーター情報の日次提供
    各LPガスメーターに取り付けたNECの「無線化ユニット」が日次で指針値・保安情報を取得します。取得した情報はKCCSの「Sigfox」を介してクラウド(「NEC the WISE IoT Platform」、注9)上に収集・蓄積します。ミツウロコCSが無線化ユニット設置時の確認業務、日々の指針値収集状況の確認業務、指針値や保安情報の提供業務、お問い合わせ対応業務などを行う管理センターとしての役割を担い、蓄積したデータをご契約事業者ごとに管理・提供します。
  2. LPガスメーター指針値の検針利用
    クラウド(「NEC the WISE IoT Platform」)上に収集・蓄積した情報から、LPガスメーターごとに定められた検針日の指針情報としてミツウロコCSが日次の指針値・保安情報とは別に、ご契約の事業者に抽出して提供します。
  3. LPWA対応IoT無線化ユニット(Sigfox対応版)
    Sigfox回線を利用する通信機能を備えており、LPガスメーターとの信号線を接続し、通電するだけで利用可能です。電源は一日に一度指針値を取得して送信するためのみに使われる省電力仕様のため、メーターが交換の時期を迎えるまで電池切れとならないことを想定した設計となっています。

なお、NECは本内容をKCCS主催の「KCCS IoT Conference2019」(会期:2/20(水)、会場:セルリアンタワー東急ホテル(東京都渋谷区))で講演、展示します。

以上

  • (注1)株式会社ミツウロコクリエイティブソリューションズ:
    本社:埼玉県さいたま市、代表取締役社長:児島 和洋
    * ミツウロコCSは、株式会社ミツウロコグループホールディングス(本社:東京都中央区、代表取締役グループCEO:田島 晃平)の100%子会社です。
  • (注2)日本電気株式会社:
    本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 兼 CEO:新野 隆
  • (注3)LPガスの配送業務効率化に向けた国内初の大規模実証を名古屋で開始
    https://jpn.nec.com/press/201805/20180508_04.html
  • (注4)
    • LPWA(Low Power Wide Area):
      LPWAは少ない消費電力で、km単位の距離で通信できる無線通信技術の総称です。機器のバッテリー消費を抑えながら、データを収集する基地局まで電波を届けることができるため、特にIoT(Internet of Things)向けに有用な技術であると注目を集めています。
    • 「LPWA対応IoT無線化ユニット」:
      Sigfox、LoRa/LoRaWAN、LTE Cat.M1等の様々な無線通信規格に対応し、LPガスメーターをはじめ、業務用設備・什器、工作機械など様々な機器に接続可能なインターフェースを搭載、今後ますます増えるIoT化ニーズに対応する無線ユニットです。
  • (注5)京セラコミュニケーションシステム株式会社:
    本社:京都府京都市、代表取締役社長:黒瀬 善仁
  • (注6)Sigfox:
    SigfoxはフランスのSigfox S.A.が運営するグローバルIoTネットワークです。日本では京セラコミュニケーションシステム株式会社が事業者となり、国内でのサービスを提供しています。ヨーロッパを中心に現在45カ国に展開、2018年までには60カ国でのサービス展開を目指しています。
  • (注7)新無線通信技術「SIGFOX」によるAI・IoTを活用した国内初のLPガス配送業務効率化事業の提供に向け協業開始
    https://jpn.nec.com/press/201705/20170508_03.html
  • (注8)株式会社ミツウロコヴェッセル:
    本社:東京都中央区、代表取締役社長:川上 順
    * ミツウロコヴェッセルは、株式会社ミツウロコグループホールディングス(本社:東京都中央区、代表取締役グループCEO:田島 晃平)の100%子会社です。
  • (注9)NEC the WISE IoT Platform:
    NECのIoTシステムを実現する機能群。最先端AI技術「NEC the WISE」を活用するための高効率なデータ収集基盤と、実証から本番まで、素早いシステム構築・移行が可能なビルディングブロック構造を持ち、セキュアで堅牢性の高いシステム構築が可能。
    参考URL:https://jpn.nec.com/iot/iotplatform/

本件に関するお客様からのお問い合わせ先

株式会社ミツウロコクリエイティブソリューションズ
遠隔指針情報取得・利用事業推進プロジェクト
E-Mail:mcs_project@mitsuuroko.co.jp

NEC トレード・サービス業ソリューション事業部
/ものづくりソリューション本部
E-Mail:info@lpg.jp.nec.com

NECは、社会ソリューション事業を推進する
ブランドメッセージ「Orchestrating a brighter world」のもと、
今後の世界の大きな変化(メガトレンド)に対応する
様々な課題解決や社会価値創造に貢献していきます。
詳細はこちらをご覧ください。
https://jpn.nec.com/profile/vision/message.html
Orchestrating a brighter world

ページの先頭へ戻る