ExpEther

産業機器の筐体を超えた拡張を実現する

最新情報

ExpEther

概要

ExpEther (エクスプレスイーサ)は、PCI Expressを始め、フィールドバスやGPIOなど、産業機器で用いられる様々な信号を高信頼・低遅延にイーサネットや無線で伝送するNEC独自の技術です。
ExpEtherを用いることで、産業機器を筐体外のセンサやIT機器と連携させて拡張することが可能となり、産業機器の生産自動化やクラウド連携を推進できます。

ExpEtherにより、産業機器は、一般のイーサネットを介してPCI Expressなどの高い信頼性が求められる電気信号を広帯域かつ低遅延で送受信することができます。イーサネット上に配置されたI/OボードやAIアクセラレータなどのハードウェア資源を現場の要求に従い脱着することで、産業機器の柔軟なシステム拡張や性能向上を可能とします。

また、ExpEtherでは、複数の標準規格の無線リンクを束ねて高信頼・低遅延の無線通信を行うことで、あらゆる有線通信をプロトコルの変更なく無線化することができます。これにより産業機器のユーザ端末の分離による作業効率の向上や、可動加工部とのセンサ接続によるあらゆる生産工程のセンシングが可能となります。

背景

次世代インダストリーに向けた、製造現場における産業機器の課題

近年、少量多品種生産を柔軟で低コストに実現する次世代インダストリーに向けて、製造現場における産業機器にも生産自動化とクラウド連携への対応が求められています。

これらの実現には、一体化されている産業機器とユーザ端末の分離、全工程のリモートセンシング、産業機器とIT機器やクラウドのリアルタイム連携など、産業機器の枠を超えた柔軟な拡張が必要となります。そのためには、産業機器の信号を筐体外に拡張してネットワークで送受信を行ったり、それらの信号を無線で伝送したりすることが重要です。

しかし、従来オフィスや一般消費者向けに用いられてきた標準通信技術では、工場の厳しい環境において、産業機器の信号の伝送に要求される高信頼性や低遅延性、産業機器で用いられるプロトコルへの対応といった要求を満たすことが困難であるという課題がありました。

ExpEtherにより産業機器の課題を解決

NECのExpEtherは、産業機器の通信における課題解決をご支援、お客様の価値創出に貢献いたします。
現在、ExpEther 有線IPコアとExpEther 無線IPコアをご提供しており、それぞれに次のような特長があります。

ExpEther 有線IPコアでは、標準イーサネットを従来のIPデータ通信に用いるだけでなく、接続距離が限られるPCI Expressやクロック信号、お客様独自のI/O信号等のデータ通信路として用いることで、これらの信号の接続距離拡張や、データが欠損しない高信頼転送を実現します。

ExpEther 有線IPコア

ExpEther 無線IPコアでは、標準規格の複数の無線を束ねた仮想化技術や、再送せずにEnd-to-Endでロスのない通信を実現する非再送冗長符号通信を用い、高信頼・低遅延の無線通信を実現します。これにより、従来の無線技術では実現できなかった要求遅延10ms以下の産業機器の信号通信の無線化を実現します。

ExpEther 無線IPコア

関連リンク

NEC、世界初の技術「ExpEther」を用いた製品を発売 ~ 大阪大学に導入決定 ~
http://www.nec.co.jp/press/ja/1205/2401.html

ExpEtherの普及団体 ExpEtherコンソーシアム
new windowhttp://www.expether.org/jindex.html

資料ダウンロード

ExpEther 有線IPコア リーフレット

ダウンロードページへ

会員登録(無料)が必要です。

ExpEther 無線IPコア リーフレット

ダウンロードページへ

会員登録(無料)が必要です。