サイト内の現在位置

CODE

一人ひとり異なる固有の生体情報に秘められた新たな可能性の探究

人が生まれながらに持つ固有の生体情報。
これまで個人の特定や認証のために使われてきたこの唯一無二の情報を、一人ひとりにパーソナライズされたものづくりという新たな目的に転用することを試みました。

今回の展示では、目の虹彩から得られる固有の生体情報をグラフィックパターンに変換し、一つ一つ異なるその人のためだけのファッションアイテムやアクセサリーとして表現することで、人が生まれながらに持つ個性や多様性に目を向け、その違いが生み出す美しさや生体情報が持つ可能性を再認識するきっかけとなることを目指しました。

出展するアイテムについては、江戸小紋 廣瀬染工場四代目 廣瀬雄一氏、ジュエリーブランド adachiyukari.、そして耐熱ガラスメーカーHARIO Lampwork Factory の職人の方々など、日本のものづくりに深く携わる方々とコラボレーションを行い、手仕事によってひとつひとつ丁寧に仕上げられた唯一無二のオリジナル作品を制作しています。

廣瀬 雄一
廣瀬染工場 四代目。10歳から始めたウインドサーフィンでシドニーオリンピックの強化選手として活躍。選手時代に世界各地をまわり、大学卒業後は家業の「染め物」という日本の伝統文化で、海外に挑戦する夢を抱く。江戸小紋を世界中に発信するビジョンを実現すべく、国内外の展示会参加や個展、ストールブランド「comment?」立ち上げなど意欲的に活動している。

new windowhttp://www.komonhirose.co.jp/index.html

adachiyukari.
2013 年にスタートしたジュエリーブランド。
単一に見える事が、どのように成り立ち、そして形成されていくのか。
日々の生活や景色の中にミニマルなかたちを見つけ、繋ぎ・削り・磨き新たな形として構成する。シンプルな図形が織り成す造形は、点の奥行き、面の断面、それらの向こう側を想像するような感覚を大切に作られている。

new windowhttps://www.adachiyukari.com/

HARIO Lampwork Factory
1921 年創業の耐熱ガラスメーカー HARIO が製造する耐熱ガラスは熱に強いだけではなく、ガラスを伸ばしたり、繋げたり、加工がしやすいという特徴がある。その特徴を活かし、耐熱ガラスだからできる繊細なデザインのアクセサリーを、理化学器具や食器作りで長年培った技術を継承するガラス職人たちが丹念にひとつひとつ手加工で仕上げて作品に命を吹き込み、お客さまのもとに送り出している。

new windowhttps://www.hario-lwf.com/

お知らせ

2019 年3月1日
NEC は、米国テキサス州オースティンで開催される世界最大級のクリエイティブ・ビジネスの融合イベント「SXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)2019」に出展します。
新しい技術や事業アイデアをテーマにした「インタラクティブフェスティバル」の開催期間中、Trade show 会場にて「CODE(コード)」と題したコンセプト段階のアイデアに基づく作品を体験型の展示とともにご覧いただきます。展示ブースでは実際に来場者の虹彩情報をスキャンさせていただき、固有のグラフィックパターンを生成する体験型のデモを実施します。

開催期間
2019 年3 月10 日(日) ~ 3 月13 日(水)

展示会場
Austin Convention Center, Halls 2-5-923
500 E. Cesar Chavez St. Austin, TX 78701

SXSW について
new windowhttps://www.sxsw.com/

問い合わせ先
info@sxsw2019.jp.nec.com