サイト内の現在位置

経営戦略支援サービス

データドリブン経営で、企業を成長させる
DXのアンケート回答で「データドリブン経営ハンドブック」をプレゼント!

データドリブン経営を支える経営戦略支援サービス

新たな顧客価値の創造や企業の意思決定には、全社横断でのデータ活用が必要です。
データ資産と活用の知見を統合管理。各部門のビジネスプロセスに活用できる環境を提供し、経営戦略策定を支援します。

データドリブン経営とは
成功のステップ
提供メニュー
プラットフォーム
ユースケース例

データを活かして、ビジネスを成功に導く、「データドリブン経営」とは

ライフスタイルが大きく変わり、市場環境に急激な変化が起きています。
そのため、ビジネスを遂行する上でこれまでの「経験と勘」が通用しないケースが出てきており、データで裏付けを行い効果を数値で判断する経営手法、「データドリブン経営」が、業績向上のために、重要だと認知されてきています。

実際に、データドリブン経営を成功させている企業の代表にGAFAM(Google、Amazon、Facebook、Apple、Microsoft)があります。これからの企業は、株式時価総額の伸びが早く、データドリブン経営が企業価値を高めていると言われています。
また、データドリブン経営を行う企業の成長スピードは、世界経済成長の7~10倍という統計データもあり、圧倒的な成長を実現できる可能性が期待されています。

データドリブン経営の重要性

データドリブン経営の重要性を語るウェビナーを視聴/資料閲覧をいただけます
「経営者必見!データドリブン経営の勘所~ビジネスを成功に導く、データ活用とは~」

しかし、データドリブン経営を実現することは容易ではありません。
NECの独自調査から、データ活用において、多くの企業の取り組み途上にあることがわかりました。

<企業のデータ活用に関する取り組みステージ状況>

データドリブン経営は、システムの導入のみで実現できるものではありません。
導入に向けたステップを着実に進めることが必要です。

資料ダウンロード・お問い合わせ