サイト内の現在位置を表示しています。

製品・システムセキュリティ設計支援サービス

多様化するサイバーセキュリティリスクに対応するためには、専門的な知識や技術をベースに、要求されるセキュリティレギュレーション・ガイドラインへの準拠に加えて、製品・システムをセキュアに設計することが必要です。

セキュリティ脅威分析から対策方針の立案、セキュリティ要件定義までセキュアな製品・システム設計を支援

お客さまが開発される製品・システムをセキュアに設計するために、セキュリティスペシャリストチームが、業界・業種におけるセキュリティレギュレーションや対象領域を踏まえて、網羅的なセキュリティ脅威分析から対策方針の立案、セキュリティ要件定義までを支援します。

特長

  • IoT機器を含むシステムに対して保護資産やインターフェース、データフローを整理した後、網羅的に脅威分析を実施し、想定されるリスクを定量的に算出
  • 各セキュリティレギュレーション・ガイドラインのセキュリティ要件に基づき、セキュリティ対策を導出し、セキュリティ要件定義に反映
  • 製造業を中心とした製品・システムセキュリティ設計の豊富な実績
  • 公的資格を有するセキュリティスペシャリストチーム※1が、技術面・組織面から製品・システムセキュリティ設計を支援
  • 体制構築後の運用支援やコンサルテーションの提供も可能
  • ※1
    情報処理安全確保支援士やCISSP(Certified Information Systems Security Professional)、CISA(公認情報システム監査人)、GICSP(Global Industrial Cyber Security Professional)などの国際資格

効果

  • 最新の脅威を網羅的に踏まえて、製品・システムをセキュアに開発することが可能
  • サイバー攻撃による被害の最小化、事業継続
  • 各セキュリティレギュレーション・ガイドライン準拠

サービスご提供の流れ

サービスご提供の流れは、以下になります。

サービス一覧