ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. コンサルティングサービス
  4. コンサルティングの視野・視点
  5. バリュー創造チェーン
  6. ソフトウェアプロセス改革
  7. システム開発上流工程コンサルティング
ここから本文です。

システム開発上流工程コンサルティングサービス

要件定義やアーキテクチャ設計など、システム開発における上流工程の高度化を、研修から診断、現状分析、そして改善までを支援します。

組み込みシステム開発の現在の状況[New]

近年、組み込みシステム開発では自動運転車両やIoT等に代表される高度に複雑なシステム開発が増加し、システム開発上流工程の重要性が増しています。

  • (参考)8割近くの企業がプラットフォーム化やアーキテクチャの刷新を重要視

プラットフォーム化とアーキテクチャの刷新を重要視出典:IPA「2017年度組込みソフトウェアに関する動向調査」

NECでは、近年の組込み機器開発での課題に対し、システムズエンジニアリングの知見・技術をもとに、高品質な上流工程を実現するためのコンサルティングを提供します。

提供価値

システム開発上流工程コンサルティングサービスメニュー[New]

NECではシステム開発上流工程に対するサービスとして、知識習得のための研修から実製品に対するアーキテクチャ設計の実践支援まで、高品質なシステム開発上流工程を実現するためのメニューを用意しています。

サービスメニュー

サービスの特徴

  • 貴社ビジネスゴールに合わせた設計改善を提案
  • システムズエンジニアリング等の各種設計手法を適用

研修サービスメニュー[New]

システムの要件定義、設計手法を理解、開発をリードするアーキテクトを育成するための実践型研修を提供します。

研修サービスメニュー

研修項目 概要、ポイント
設計の品質とは ・保守性、移植性が良い/悪い設計とはどのような設計か
アーキテクチャ要件の
抽出方法
・フィーチャーモデリング、QAW
・要件を定義する上でのポイント、注意点(EARS等)
アーキテクチャの評価方法 ・ATAMをベースとした、”将来の変化”に対するアーキテクチャの評価方法
(演習) ・フィーチャーモデリング演習、アーキテクチャ要件を抽出、定義演習

サービスの特徴

各受講者の実業務の設計内容を題材にして演習を行うことで理解度を高め、即座に業務で実践できる知識を身に付けることが可能

診断・現状分析サービス[New]

既存システムの構造を可視化/分析し、貴社の将来のビジネス展開における設計上の課題を抽出、設計改善案を提供します。

診断・現状分析サービス

サービスの特徴

ビジネスゴールから具体化した設計目標と現状システムの構造を比較/分析、将来の製品展開やシステムの拡張に向けた課題や要改善点を抽出し、改善方法を提供

設計改善サービス[New]

既存システムの構造改善、および設計のプロセス改善の両面からご支援します。
ビジネスゴールや商品戦略から設計への要件を具体化し、システム構造に反映させることで将来の製品展開を迅速に行えるシステムの実現を支援します。

設計改善サービス

サービスの特徴

単一製品の開発ではなく将来の複数製品群をカバーし、将来的な製品開発を効率的に実現するためのアーキテクチャを構築するめの設計手法と設計プロセスを提供

ページの先頭へ戻る