ページの先頭です。
サイト内の現在位置を表示しています。
  1. ホーム
  2. ソリューション・サービス
  3. コンサルティングサービス
  4. コンサルティングの視野・視点
  5. バリュー創造チェーン
  6. ソフトウェアプロセス改革
  7. 機能安全規格(ISO26262)
  8. コンサルティング事例
ここから本文です。

機能安全規格(ISO26262)適用コンサルティングサービス

お客様の取り組み状況や成熟度に合わせた、組み込みメーカーのNECならではの
特長に富んだコンサルティングサービスをご提供します。

コンサルティング事例[New]

ISO26262制定の動きに合わせて、本規格への取組みを進めるお客様が増えています。

ISO26262はスコープが広く、関連する企業・組織は多岐に渡るため、個々のお客様ごとに、バリューチェンにおける立場や事業の置かれている環境、本活動に対する取組み度合いなど、様々な違いがあります。

NECでは、お客様の現状や特性、ニーズを把握したうえで、お客様に最適なサービスをご提供しています。 以下に、本サービスのコンサルティング事例をご紹介します。

  背景 改善内容、成果
A社:
システム開発部門
  • ISO26262対応が業界標準化しており、顧客であるOEMから対応を求められるケースが増加している
  • CMMI / AutomotiveSPICEによる改善実績はあるが、ISO26262ベースでの改善ポイントに関する知見が不足している
  • 競合他社より先行して対応するとともに、対応により顧客提案力強化につなげたい
現行製品の安全分析の実践支援を実施
  • 安全コンセプト、安全要件定義
  • 安全機構の十分性評価
  • 設計課題の抽出

ISO26262対応の製品開発を実施し、顧客に提案したアーキテクチャが採用された
B社:
ECU開発(ソフト)部門
  • IoT化が進む自動車には、業界として機能安全対応とセキュリティ対応を両立することへの要求が高まっている
  • 先行して機能安全対応を進めているが、セキュリティに関する知見者が不在であり、また、セキュリティ対応に伴う対応工数の増大に懸念がある
  • ISO26262対応者が無理なく実施できるようなセキュリティ対応の開発プロセスを整備したい
セキュリティ対応の機能安全開発プロセスを整備
  • 自動車開発に適用可能なセキュリティ規格を選定、これをベースに、すでに社内整備済みの機能安全開発プロセスの粒度で、セキュリティ対応のための手順書を整備
  • テンプレートのサンプルを作成し、教育コンテンツの材料を整備

セキュリティ対策を考慮したISO26262対応の開発プロセスを整備し、セキュリティ需要の本格化に先行してセキュリティ対応の製品開発を実現できた
C社:
ECU開発(ハード・ソフト)部門
  • OEMからのISO26262対応要請に加え、TS16949、AutomotiveSPICEなど複数モデルへの対応を同時に求められた
  • プロセス改善の経験が浅く、整備したプロセスの社内定着化のノウハウも不足している
  • OEMの受け入れ審査を通過できるだけの開発プロセスを整備したい
成熟度に合わせた段階的プロセス改善
  • AutomotiveSPICEで基礎固め、ISO26262を実装
  • 実題材を用いた安全設計の試行を通じ規格の理解とプロセス定義を並行推進

整備したプロセス / 環境基盤を適用した製品開発を実施し、OEMの受け入れ審査を通過することができた
D社:
システム開発部門
  • 車両の多機能化に伴いソフトの重要性が高まっており、ソフト開発規模が増大している
  • 増大する開発規模に対応すべく、ソフト開発の下流工程を外部委託しているが、上流工程の知見不足から、上流と下流の連携が十分にできていない
  • ソフト開発の上流工程のプロセスを構築し、上流と下流の連携不備による開発遅延を改善したい
ISO26262を踏まえたソフト上流プロセス構築
  • Part.6、Part.8とのギャップ分析
  • ソフト要件定義、アーキテクチャ設計プロセス構築
  • ケーススタディによる成果物イメージの具体化

ソフト開発上流工程のプロセス整備により後戻りが減少し、開発遅延を改善することができた
E社(OEM):
車両開発部門
  • ISO26262対応が業界標準化している
  • 数十存在する取引先の機能安全対応の水準がまちまちであり、各社の対応水準を平準化するための仕組みを確立できていない
  • ISO26262対応の開発プロセスを整備するとともに、サプライヤに対するレビュー基準を定義したい
効率的なプロセスを整備、及び、社内展開を実施
  • 車両の開発及びテスト領域の開発プロセス、及び、レビュー基準を整備
  • サプライヤに対する、Part4, Part5, Part6領域のアセスメント実施を支援

確立したレビュー基準により、期待する機能安全対応水準を満たす製品受け入れの仕組みを確立することができた

ページの先頭へ戻る