技術競争力継承・強化サービス

製品開発(ハードウェア)

製造業における技術継承課題

製造業の就業者数は過去20年間で226万人(▲18%)減少し、2040年には更に72万人減少することが見込まれており、労働力不足の課題は深刻です。
また技能継承においては、2007年問題は一時回避されたかに見えたが、団塊Jr世代の引退も迫っており、技術・技能継承が課題になってきています。

解決すべき問題と課題

日本の製造業には非常に多くの経験・知識が存在するが、現状は属人性が高く、価値を引き出せていない現状が有ります。
経験・知識の表出化、価値を引き出すための仕組みを通して、価値変換の歩留まりを改善することを目指します。

技術情報管理から活用までの目指す姿

技術競争力継承・強化サービスは、企業価値向上に役立つ経験や知識を特定し、それらの経験・知識を表出化・データ化、それらを活用・結合して価値を引き出せる状態にすることで、業務の生産性向上や技術/技能継承を実現します。

プロジェクトフロー

技術競争力の強化・継承のためにどんな知識をどのように管理し、それをどう活用するかを提案し、グランドデザインから運用定着を一貫サポートします。
貴社の検討状況にあわせて、柔軟にご支援いたします。

公開開始:2024年5月24日