サイト内の現在位置を表示しています。

CLUSTERPRO X 4.0の新機能のご紹介~AWS DNSリソース~

CLUSTERPRO オフィシャルブログ ~クラブロ~

はじめに

CLUSTERPRO Xの新バージョンであるCLUSTERPRO X 4.0を2018年5月9日より出荷開始しました。
今回は、CLUSTERPRO X 4.0の新機能の中からAWS DNSリソースについてご紹介します。
そのほかの機能強化ポイントは popupこちら

この記事の内容

  • 1.AWS DNSリソースとは
  • 2.AWS DNSリソースのメリット
  • 3.AWS DNSリソースの設定

1. AWS DNSリソースとは

AWS DNSリソースは、Amazon Route 53を利用して接続先の切り替えを提供するリソースです。
Amazon Route 53へAmazon Web Services(以降、AWS)で利用する仮想ホスト名(DNS名)に対応する IP アドレスを登録/削除します。これにより、クライアントはフェールオーバーグループが起動しているノードに仮想ホスト名でアクセスすることができます。

Amazon Route 53は、クラウドドメインネームシステム (DNS) ウェブサービスです。詳しくはpopupこちら

HAクラスター構成例

2. AWS DNSリソースのメリット

これまで、AWS上でHAクラスターを構築する場合に、CLUSTERPROではクラウドリソース(AWS 仮想IPリソース、AWS Elastic IPリソース)を使用して「VIP制御方式によるHAクラスター」、「EIP制御方式によるHAクラスター」の構築が可能でした。

さらに、今回追加されたAWS DNSリソースを使用することで、「DirectConnect接続」や「VPC Peering接続」、「マルチリージョン」などの環境でも、クライアントは現用系のサーバーが切り替わったことを意識することなく接続が可能です。

DirectConnectzoom拡大表示
DirectConnect環境でのアクセス
VPC Peeringzoom拡大表示
VPC Peeringでのアクセス
マルチリージョンzoom拡大表示
マルチリージョンでのアクセス

3. AWS DNSリソースの設定

AWS DNSリソースを使用したHAクラスターの構築手順の詳細は、後述の構築ガイドを参照ください。
以下の図は、AWS DNSリソースの設定画面のイメージです。

Cluster WebUIでAWS DNSリソースの起動/停止を確認します。
※Cluster WebUIはCLUSTERPRO X 4.0の新機能です。

【参考】
popupCLUSTERPRO X 4.0 ソフトウェア構築ガイド
  • Windows > クラウド > Amazon Web Services > HAクラスタ構築ガイド
  • Linux > クラウド > Amazon Web Services > HAクラスタ構築ガイド

まとめ

今回は、CLUSTERPRO X 4.0の新機能のAWS DNSリソースについてご紹介しました。
CLUSTERPROのホームページからフル機能が使えるpopup試用版がダウンロードできますので、ぜひCLUSTERPRO X 4.0をお試しください。

お問い合わせ

当ブログに関するお問い合わせは、CLUSTERPRO プリセールスお問い合わせ窓口(info@clusterpro.jp.nec.com new window)までお問い合わせください。