Webサイト構築(オートスケール)

新事業活用/分析等

背景・課題

イベント等での一時的なWebアクセス増への対応

Webサーバへのアクセスは、イベントやキャンペーン等を実施した一時期だけに増加するので、負荷変動に合わせたサーバリソースで運用したい。その運用の手間もかけたくない。

サーバ追加の費用を抑えたい

高負荷への対応に、定常時に使用されないリソースを事前準備するのは避けたい。

効果・メリット

サーバリソース増減の自動対応

自動化により、一時的な負荷に対して運用作業者の手作業無しでリソースを増強可能。
これにより、Webサイト閲覧者としてのお客様の満足度低下の防止、機会損失を防ぐ。

コストの最適化

サーバコストの最適化、運用作業者の負荷軽減、さらにソフトウェアの従量課金も組み合わせ、全体でのコストが最適化される。

システムイメージ

オートスケール機能により、Webサーバを負荷変動に合わせた台数起動するようにした。

クラウド選定のポイント

負荷状況に合わせて、サーバ台数を増減できるオートスケール機能が利用できる

サーバ台数は、平常時に合わせて最低構成でのスタート

ソフトウェアの従量課金も組み合わせられる