サイト内の現在位置

テレワークや無駄な移動時間の削減により、業務を効率化するには

2020年4月から中小企業にも適用された時間外労働の上限規制

今もっとも旬な情報をお届けするWebセミナー
ただいまお申込み受付中!

課題解決のためにまず、何から着手すべきか

「無駄な移動」を減らし、業務を効率化するには

たとえば、外回りが必要な営業職にとって、「昼間は外回り、書類を作るのは定時以降」が定常となっている場合、日々の顧客訪問で発生する移動時間はそのまま残業に直結します。
仮に1日1時間移動していたとして1か月約20時間。その時間を営業事務や新規提案に充当できれば、営業効率の改善が期待できます。一方企業としては、残業代の削減や従業員の負荷を軽減することでミスが減るなどの効果が期待できます。

このような「無駄な移動」を減らすために導入が進んでいるのが、Web会議やビデオ会議といったツールです。

対面に拠らないコミュニケーション手段は、育児や介護などの理由から家庭と仕事の両立を求める労働者にも有効な方法です。

「オフィスでの勤務は難しいが働く意欲がある」優秀な人材を活用したい企業にとって、テレワークをはじめとした多様な働き方を積極的に提供すべきなのではないでしょうか。

※昨今、大規模なスポーツイベントや災害で移動が難しくなる可能性を考えて、導入が進んでいる企業も増えています。

モバイルでも高品質な映像・音声のクラウドコミュニケーションサービス

大人数が会議室に集まって行うテレビ会議と異なり、Web会議は自席や移動先など場所を選ばない少人数での会議に適しています。クラウドを活用したサービスでは、高い品質の音声や映像、資料共有を行うだけでなく、デバイスを問わず、いつでもどこからでも会議ができるなどの利点を持っています。

いつでもどこからでも、会議が可能になる~共創ワークサービス「Zoom」~

「Zoom」は、1対1から大規模な会議まで、多様なコミュニケーションが可能なクラウド型のWeb会議サービスです。直感的でシンプルな操作性に加え、会議の開催者がライセンスを持っていれば参加者はライセンス不要なので、社内だけでなく、お客様や社外のパートナーともスピーディに情報共有することができます。ライセンスは1ライセンスから契約可能なので、小規模からの導入も可能です。

安心・安全にテレワーク環境を導入をするには

最近では新型コロナウイルス感染症の感染拡大対策としてもテレワーク対応が求められていますが、その一方で、テレワーク環境を狙ったサイバー攻撃も増えており、そのセキュリティ対策も急務となっています。
NECでは、自社で実践して得たテレワークセキュリティに関わる知見と経験を基に、皆さまが抱える疑問やお悩みに高度な資格・スキルを有する専門家がお答えする相談サービスを期間限定で実施しております。

今もっとも旬な情報をお届けするWebセミナー
ただいまお申込み受付中!

関連ページ

お問い合わせ