サイト内の現在位置

中堅・中小企業のお客様

~セキュリティ編~

New Normal時代のセキュリティ対策

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックをきっかけに、人々のライフスタイルは劇的に変化しました。中でも大きな変化があったのが働き方です。新型コロナウイルス感染拡大防止のため、テレワークをはじめとした働き方改革が一気に進んだ企業も多かったのではないでしょうか。
外出自粛による働き方の変化により、従来オフィスで勤務していた従業員が自宅からリモートで働く機会が増えています。
テレワークに伴い、会社のパソコンにあったローカルデータをファイルサーバに移す傾向にあり、容量の増加傾向にあります。こういったハード的な問題に加え、セキュリティ意識が低い従業員でも活用できる暗号化システムの導入など、従業員がより安全に働くためのセキュリティ確保が必要です。

一方、店舗管理など、従来直接複数の現地に足を運んでいたような業務も新しい働き方に対応し始めています。例えば店舗に設置したカメラで遠地から状況を把握するサービスを導入することで、万引きや内引き抑止といったセキュリティ対策と同時に非接触・非対面が実現できます。さらに移動コストの削減といったメリットもあるでしょう。また、録画した店舗の接客動画を他店舗の教育に活用したりするといった活用方法も考えられます。

新しい生活様式の中、企業にはセキュリティ対策とコスト削減を求められているのではないでしょうか。

「クラウドセキュアファイルサービス」「Safie(セーフィー)」についてのご紹介資料

  • セキュリティ意識が低い社員でも活用できるセキュリティ対策

    Actsecureクラウドセキュアファイルサービス

    データの自動保護で漏れなくファイルを暗号化するのに、そのまま編集・閲覧が可能で、利用者に負担がかかりません。管理サーバも不要で、手軽に導入できるサービスです。
  • 情報漏洩を防ぎ、ファイルサーバ「無法地帯」を解決

    NIAS

    テレワークの増加に伴い、ファイルサーバに会社パソコンのデータを移す傾向が増えています。NIASは、不要なファイルを効果的に整理するだけでなく、アクセス権の設定見える化でセキュリティ事故を防ぎます。
  • 移動コストゼロ、遠隔で現場の状況を監視

    Safie

    店舗管理等、複数箇所への移動が必要だった業務を、遠地からパソコンやスマートフォンで確認。移動時間やコスト削減と共に、管理業務の効率化できます。業績の良い店舗の状況を撮影し、共有することでオペレーションの改善に充てるなどの効果が期待できます。

「クラウドセキュアファイルサービス」「Safie(セーフィー)」についてのご紹介資料

お問い合わせ