サイト内の現在位置を表示しています。

NetBackup IT Analytics 11サポート情報:ご利用者様向け

現在提供のバージョンは、NetBackup IT Analytics 11.3です。
以下はNetBackup IT Analytics 11.3で使用する際の情報です。

【重要】NetBackup IT Analytics インストールについて

NetBackup IT Analytics のインストールについて記載します。
製品ドキュメントの通りに順次インストールしますが、ドキュメントが複数冊子にわたり、どの個所を読みインストールを実施するべきか読み取りにくくなっているため、本項でご案内いたします。

NetBackup IT Analytics 製品インストール

NetBackup IT Analytics ポータル、NetBackup IT Analytics データコレクタの順にインストールしてください。
インストールの詳細は、以下に記載しています。

NetBackup IT Analytics の各機能の構成および要件について記載しています。

NetBackup IT Analyticsインストール
(Storage Suite/Protection Suite/Complete Suite)

Windowsホストに NetBackup IT Analytics ポータル (Storage Suite/Protection Suite/Complete Suite) をインストールする操作について記載しています。
【重要】「手順 1: NetBackup IT Analytics ライセンスキーファイルの入手」に記載のライセンスファイルについては、製品に同梱しております。同梱されているライセンスファイル(slfファイル)をご使用ください。
※NECから販売する NetBackup IT Analytics 製品では製品にライセンスファイル(slfファイル)を同梱しており、I 配信で入手いただけます ( I 配信以外での入手方法はございません)。ベリタスのサポートポータルから入手いただくことはできません。「手順 1: NetBackup IT Analytics ライセンスキーファイルの入手」については無視してください。

Linuxホストに NetBackup IT Analytics ポータル (Storage Suite/Protection Suite/Complete Suite) をインストールする操作について記載しています。
【重要】「手順 1: NetBackup IT Analytics ライセンスキーファイルの入手」に記載のライセンスファイルについては、製品に同梱しております。同梱されているライセンスファイル(slfファイル)をご使用ください。
※NECから販売する NetBackup IT Analytics 製品では製品にライセンスファイル(slfファイル)を同梱しており、I 配信で入手いただけます ( I 配信以外での入手方法はございません)。ベリタスのサポートポータルから入手いただくことはできません。「手順 1: NetBackup IT Analytics ライセンスキーファイルの入手」については無視してください。
【重要】NetBackup IT AnalytcisポータルとしてLinux(RHEL)ホストを使用する場合、合計スワップメモリを 16384 MB より大きい値にする必要があります。スワップメモリが 16384 MB より小さい場合、ポータルのインストールのうち、Oracleデータベースのインストールに失敗します。
※スワップメモリの設定など、スワップメモリの詳細については Linux(RHEL) OSの情報をご確認ください。
【重要】NetBackup IT AnalytcisポータルとしてLinux(RHEL)ホストを使用する場合、かつ、rng-toolsがインストールされていない場合、データコレクタの設定(鍵ファイルのダウンロード)に時間がかかるケースがあります。rng-toolsをインストールすることを推奨します。
※rng-toolsのインストール・有効化は以下コマンドにより実施できます。
          dnf -y install rng-tools
          systemctl start rngd
          systemctl enable rngd
※rng-toolsおよびrngdの詳細については Linux(RHEL) OSの情報をご確認ください。

データコレクタソフトウェアのインストール

Windowsホストに NetBackup IT Analytics データコレクタ(集中型)をインストールする操作について記載しています。
【重要】英語ロケール(en-US)で動作するローカル管理者ユーザにおいてのみインストールできます。
「■英語ロケールのローカル管理者ユーザアカウント作成手順」によりアカウントを作成し、そのローカル管理者ユーザアカウントでログインしてインストールしてください。

Linuxホストに NetBackup IT Analytics データコレクタ(集中型)をインストールする操作について記載しています。
※Windowsホストのデータコレクタと異なり、日本語ロケール環境においてもインストールできます。
【重要】Windowsホスト上のNetBackupプライマリサーバのデータ収集を行う場合は、「Windowsホスト上のデータコレクタソフトウェア(集中型もしくは分散型)」を使用する必要があります。ご留意ください。

WindowsおよびLinuxホストに NetBackup IT Analytics データコレクタ(分散型)をインストールする操作について記載しています。
インストールのうち、データコレクタバイナリの導入については、NetBackupプライマリサーバのインストールに同梱インストールされます。NetBackupプライマリサーバをインストールした後に、この手順によってデータコレクタ(分散型)を構成してください。
【重要】Windowsホストにおいて、NetBackup IT Analytics データコレクタ(分散型)をインストールする場合、以下にご留意ください。
Windowsホストの場合、英語ロケール(en-US)で動作するローカル管理者ユーザにおいてのみインストールできます。「■英語ロケールのローカル管理者ユーザアカウント作成手順」からアカウントを作成し、そのローカル管理者ユーザアカウントでログインしてインストールしてください。
※NetBackupプライマリサーバ自身については、日本語ロケール環境においてもインストール・動作可能です。IT Analytics データコレクタ(分散型)の操作についてのみ英語ロケール環境で使用する必要があります。
NetBackup IT Analytics データコレクタ(分散型)のインストールに不具合があり、そのままでは、NetBackpu IT Anapyticsポータルとの通信が正常動作せず、データコレクタが正常動作しません。当「■データコレクタの手動構成 (分散型)」の手順によりインストールを実施した後に、「■WindowsホストにNetBackup IT Analytics データコレクタ(分散型)をインストールする際のインストール事後手順」を実施してください。

NetBackup IT Analytics 製品のライセンスを適用する操作について記載しています。
※ライセンスファイルはポータルに対して登録するのみで、ライセンスファイルで認められる範囲について、ポータルおよびデータコレクタをご使用いただけます。
【重要】NECから販売する NetBackup IT Analytics 製品では製品にライセンスファイル(slfファイル)を同梱しており、I 配信で入手いただけます ( I 配信以外での入手方法はございません)。
NetBackup IT Analytics ポータルをインストールした後に、当「■ライセンスのインストール」の手順でライセンスファイル(slfファイル)を適用ください。

英語ロケールのローカル管理者ユーザアカウント作成手順

Windowsホストに NetBackup IT Analytics データコレクタ(集中型もしくは分散型)をインストールする際に事前に必要となる手順です。

  1. NetBackup IT Analytics データコレクタ(集中型)をインストールするホスト(Windows)に、管理者ユーザでログイン
  2. Windowsキー(タスクバーの田キー)を右クリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリック
  3. [ファイル名を指定して実行] ダイアログにおいて、compmgmt.msc を入力し、[OK] をクリック
  4. [コンピュータの管理] ダイアログの左ペインにおいて、[コンピュータの管理(ローカル)]->[システムツール]->[ローカルユーザとグループ]->[ユーザー]をクリック
  5. 上部メニューから、[操作]->[新しいユーザ]をクリック
  6. [新しいユーザ]ダイアログに、ユーザ情報をそれぞれ入力し、[作成]をクリック
    ※データコレクタソフトウェアのインストールおよび起動に使用するユーザとなります。
    ※パスワード要件など、ご使用のシステムの要件に合わせて設定してください。
    ※NetBackup IT Analyticsとして、そのユーザのパスワードを保持したり、使用することはありません。パスワードを定期的に変更することも問題ありません。(パスワード変更に伴って NetBackup IT Analytics の操作が必要となることはありません)
  7. 中ペインに作成された[ユーザ]を右クリックし、[プロパティ] をクリック
  8. [<ユーザ>のプロパティ] ダイアログの [所属するグループ] タブをクリックし、[追加]ボタンをクリック
  9. [グループの選択] ダイアログの [選択するオブジェクト名を入力してください] テキストボックスに、 Administrators と入力し、[名前の確認] ボタンをクリック
  10. Administrators にホスト名が付与されたことと下線が付与されたことを確認し、[OK] をクリック
  11. [<ユーザ>のプロパティ] ダイアログで、[OK] をクリック
  12. Windowsキー(タスクバーの田キー)を右クリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリック
  13. [ファイル名を指定して実行] ダイアログにおいて、secpol.msc を入力し、[OK] をクリック
  14. [ローカルセキュリティポリシー] ダイアログの左ペインで、[セキュリティの設定]->[ローカルポリシー]->[ユーザー権利の割り当て]をクリック
  15. 右ペインで、[サービスとしてログオン] を右クリックし、[プロパティ] をクリック
    ※Windowsドメイン環境の設定によっては [サービスとしてログオン] の設定に制限を設けているケースがあります。その場合、ドメイン管理者にご確認ください。ドメインにおける設定として、「12.」~「19.」を実施した上で「20.」から続きの操作を実施してください。
  16. [サービスとしてログオンのプロパティ] ダイアログの [ローカルセキュリティの設定] タブの [ユーザーまたはグループの追加] をクリック
  17. [ユーザーまたはグループの追加] ダイアログの [選択するオブジェクト名を入力してください] テキストボックスに、 「6.」で作成したユーザ名を入力し[名前の確認] ボタンをクリック
  18. 『「6.」で作成したユーザ名』にホスト名が付与されたことと下線が付与されたことを確認し、[OK] をクリック
  19. [サービスとしてログオンのプロパティ] ダイアログで、[OK] をクリック
  20. Windows OSをログアウトし、「6.」で作成したユーザ名でWindows OSにログイン
  21. Powershellプロンプトにより、以下コマンドを実行
    Set-Culture en-US
  22. Windows OSを再起動し、「6.」で作成したユーザ名でWindows OSにログイン
  23. Powershellプロンプトにより、以下コマンドを実行し、en-US と表示されることを確認
    Get-Culture

WindowsホストにNetBackup IT Analytics データコレクタ(分散型)をインストールする際のインストール事後手順

NetBackup IT Analytics データコレクタ(分散型)のインストールに不具合があり、そのままでは、NetBackpu IT Anapyticsポータルとの通信が正常動作せず、データコレクタが正常動作しません。
「■データコレクタの手動構成 (分散型)」の手順によりインストールを実施した後に、「NetBackup IT Analytics データコレクタ(分散型)をインストールしたWindowsホスト」において以下手順を実施してください。

  1. NetBackup IT Analyticsデータコレクタ(分散型) がインストールされているWindowsホストに、データコレクタインストール用のアカウントでログイン
    ※Windowsにデータコレクタをインストールする際に必要とした「英語ロケールで動作するアカウント」でログインします。
  2. コマンドプロンプトにおいて、以下コマンドにより、データコレクタのサービスを停止する
    <インストールパス>\mbs\bin\stopservices.bat
           例)C:\Program Files\Veritas\AnalyticsCollector\mbs\bin\stopservices.bat
    ※エラーなくプロンプトが戻れば、サービスが停止しています。
  3. 以下ファイルを削除する
    <インストールパス>\upgrade\*.properties
    <インストールパス>\upgrade\bundles\*
    <インストールパス>\upgrade\staging\*
    <インストールパス>\upgrade\restore.txt
       例)   C:\Program Files\Veritas\AnalyticsCollector\upgrade\*.properties
               C:\Program Files\Veritas\AnalyticsCollector\upgrade\bundles\*
               C:\Program Files\Veritas\AnalyticsCollector\upgrade\staging\*
               C:\Program Files\Veritas\AnalyticsCollector\upgrade\restore.txt
    ※上記ファイルについて、存在していないケースもあります。存在していないファイルについては特に何もせず、次の手順に進んでください。
  4. コマンドプロンプトにおいて、以下コマンドにより、データコレクタのサービスを起動する
    <インストールパス>\mbs\bin\startservices.bat
         例)C:\Program Files\Veritas\AnalyticsCollector\mbs\bin\startservices.bat
    ※エラーなくプロンプトが戻れば、サービスが起動しています。
  5. 以下のファイルを編集する
    ファイル: <インストールパス>\mbs\bin\downloadlib.bat
    編集内容: ファイル中のjava.exeへのパスを以下のように変更する。
    編集前:<インストールパス>\java\bin\java.exe
    編集後:<インストールパス>\upgrade\upgradeManager\jre\bin\java.exe
  6. コマンドプロンプトにおいて、以下コマンドを実施し、ポータルからデータコレクタに関するライブラリ(通信のために必要)をダウンロード
    <インストールパス>\mbs\bin\downloadlib.bat -skipVerification
    例)"C:\Program Files\Veritas\AnalyticsCollector\mbs\bin\downloadlib.bat" -skipVerification
    ※「The Data Collector upgrade has successfully completed.」とのメッセージが表示されていれば、問題なくダウンロードできています。
  7. 手順が完了しました。

その他、インストールにおける注意事項

  • NetBackup IT Analytcisポータルに初めてログインする際、以下のアカウントとパスワードでログインできます。
    アカウント: admin@<ドメイン名> (例: admin@itanalytics.com)
    パスワード: P@ssw0rd (注: 0 はゼロです)
  • 初めてログインした際、パスワードを変更する画面が表示されます。画面に従い、変更してください。新たに設定するパスワードは以下の要件をすべて満たす必要があります。
    • 1文字以上の大文字(アルファベット)を含むこと
    • 1文字以上の小文字(アルファベット)を含むこと
    • 1文字以上の数字を含むこと
    • 1文字以上の特殊文字を含むこと ※特殊文字として @#$%^&+=! を使用できます。
    • 8文字以上、64文字以下であること
  • 環境により、ログインした際の言語表示が英語表示となる場合があります。日本語表示に変更する場合、ログイン後、以下手順を実施してください。
    1. NetBackup IT Analyticsポータルにおいて、ユーザアイコン(右上に表示されるイニシャルを○で囲んだアイコン)を クリックすることで表示されるメニュ「My Profile」をクリック
ITA操作手順プロフィール表示

2. 「My Profile」ダイアログの「Locale」において「Japanese (Japan)」を選択し、[OK]ボタンをクリック

ITA操作手順-日本語選択イメージ

3. NetBackup IT Analyticsポータルにおいて、ユーザアイコン(右上に表示されるイニシャルを○で囲んだアイコン)をクリックすることで表示されるメニュ「Log Out」をクリック
これにより、以降のログイン後、日本語表示となります。

ITA操作手順 - ログアウトイメージ