サイト内の現在位置を表示しています。

クラウドストレージを活用したデータの災害対策

業務システムのデータバックアップに加え、データの災害対策を実現
保管先にクラウドストレージを活用し災害対策コストに配慮

NetBackup が稼働系システムで取得したバックアップデータを、クラウドストレージへ(AWS S3、Azure Storage、Google Cloud Storage)へ転送して保管。万一の災害やサイト障害などから業務データを保護します。

クライアント端末から、仮想デスクトップ内のアプリケーションやデータを利用できます。

運用イメージ

稼働系システム環境では、業務データをNetBackupの重複排除機能を利用してバックアップします。利用者からの日常のデータ復旧要求に応えるために、バックアップデータを稼働系システム環境でNetBackupが保持・管理します(一次バックアップ)。NetBackupは予め設定したスケジュールに従い、自動的にクラウド環境(AWS、Azure、Google)にあるNetBackupサーバへバックアップデータを転送し、クラウドストレージへ保管します(二次バックアップ)。転送処理はNetBackup重複排除機能の1つAIR機能を利用しており、差分データと管理情報のみを転送することで、利用可能な帯域幅が限られたネットワーク環境において効率的な転送を実現しています。

  • NetBackupの必要となるライセンス数量、価格、動作要件、製品仕様、注意制限事項、利用可能なクラウドのサービスメニューなどは、必ずお問合せください。
  • クラウド環境のサービスメニュー、料金、ロケーションなどは、クラウド環境を提供する事業者へご確認ください。
  • 本機能はNetBackup自身の重複排除機能を使用するため、一次バックアップ保存先はSAN(FC/iSCSI)のディスク、バックアップサーバのローカルディスク等のDASのみをサポートします。 それ以外のバックアップ保存先(例:CIFS/NFS共有やテープ等)では、NetBackupの重複排除機能は使用できません。
  • MicrosoftおよびAzureは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。AWS, AWS S3, AWS Glacier, AWS Deep Archiveは米国および/またはその他の国におけるAmazonの商標または登録商標です。Google, Google Cloud Storageは米国および/またはその他の国におけるGoogleの商標または登録商標です。
  • すべてのお客様の業務やシステム環境で同様の効果を保証するものではありません。

バックアップデータは業務システム側で一次保管し、日常のデータ復旧要求に対応

クラウド側から転送帯域の限られるWANを経由して業務データ復旧すると長時間かかります。業務システム側で一次バックアップを保持しておくことで、ディスク破損のような大容量データの復旧ケースにおいても、WAN経由の復旧に比べ短時間で作業を完了できます。

初期導入は、業務データのバックアップ。将来的に、災害対策へ拡張可能

業務システムの日常のバックアップにNetBackupの重複排除バックアップを初期導入した後、将来、災害対策を拡張できます。クラウド側にNetBackupを追加導入し、AIR機能によって転送を開始し、クラウドストレージへ保管します。

クラウドへのネットワーク転送量を低減。NetBackup重複排除機能により差分のみ転送

NetBackupの重複排除機能の1つAIR機能を使用すると、差分データと管理情報のみをクラウド側へ転送します。転送帯域の限られるWAN経由のバックアップ転送を現実的にします。

業務サーバに負荷を与えない、 クラウドストレージへのデータ転送

業務システムの日常のバックアップデータを活用して、クラウドへのバックアップデータ転送はNetBackupサーバ間で処理します。
クラウドへのデータ転送のために業務データへ再度アクセスする必要は無く、業務サーバの負荷を回避します。